サービス名称を lamire に変更いたしました。

飲む点滴美容!いいことだらけの【甘酒】を毎日おいしく飲むレシピ♡

ビタミンB群・オリゴ糖・食物繊維など、女性にとって嬉しい栄養素がたっぷり含まれている「甘酒」。飲む点滴美容とも呼ばれ、その効果・実力は間違いなし!なんですが…味が苦手という声も多いんです。おいしく飲むにはどうしたらいい…?今回はおすすめのアレンジレシピをまとめてみましたよ♡

体にいいとは知りつつも、あの味がどうも苦手なんです!

テレビや雑誌でも取り上げられることの多い「甘酒」を取り入れた美容法。ビタミンB群・食物繊維・酵素などなど…栄養素が豊富なので、美肌・ダイエット・便秘解消にも効果があるとされているんですよね!

でも…。甘酒って独特の甘さがあって「正直ちょっぴり苦手」という人も少なくないはず。実は私もその一人なんです。体にいいとは知りつつも、なかなか飲む気になれないんですよね〜。おいしくする方法はある?おすすめの飲み方は?今回は実際に作って飲んだから伝えられる「おいしい甘酒アレンジレシピ」をご紹介します

 

苦手な人でもおいしく飲める!甘酒アレンジレシピ♡

今回は5つの簡単アレンジレシピをおとどけ♡甘酒が苦手な私が実際に飲み、飲みやすい度を1〜5で評価しましたよ。使用した甘酒は、美容に高い効果があるとされる米麹の甘酒。酒粕の甘酒と違い、アルコールが入っていないのが特徴です。アレンジしない状態だと、やはり独特の甘さが気になり正直おいしくはありません…。1番相性がいい組み合わせは?

 

【甘酒牛乳】飲みやすい度…3

材料×作り方

■甘酒…50ml
■牛乳…100ml
■シナモンパウダー:お好みで少々

コップに甘酒・牛乳をそそぎ、混ぜ合わせ、お好みでシナモンパウダーをかければ完成♡甘酒の独特な甘さがちょっぴりマイルドになります。でも、まだ甘酒の味の方が強いかな〜という印象…。なので、苦手な人は牛乳をたっぷり目に入れてもいいかも!温めてホットで飲んでも◎

 

【甘酒豆乳】飲みやすい度…4

材料×作り方

■甘酒…50ml
■豆乳…100ml
■シナモンパウダー…お好みで少々

こちらも、コップに甘酒・豆乳をそそぎ、混ぜ合わせ、お好みでシナモンパウダーをかけるだけ。豆乳の大豆感が甘酒の独特な甘さを消してくれるので、牛乳と合わせるよりも飲みやすいです。温めてホットで飲んでも◎きな粉を合わせてみてもおいしいかも♡

 

【甘酒ホットはちみつレモン】飲みやすい度…5

材料×作り方

■甘酒…50ml
■レモン汁…小さじ1
■はちみつ…小さじ1
■お湯…100ml

コップにレモン汁・はちみつ・お湯を入れ、よく混ぜ合わせます。はちみつが溶けたのを確認したら、甘酒をそそぎ完成。レモンの酸っぱさに甘酒の甘さが加わり、飲みやすいしすごくおいしいです♡寒い日には生姜を合わせてみてもいいかも!これは、冷やして飲むよりホットのまま飲むのがおすすめですよ◎

 

【甘酒ココア】飲みやすい度…5

材料×作り方

■甘酒…50ml
■ココア…大さじ1
■牛乳または豆乳…120ml

牛乳をレンジ・またはミルクパンで温め、ココアを混ぜ合わせます。ココアが溶けたのを確認したら、甘酒をそそぎ完成。このレシピは、驚くことにココアの味しかしないです!温めることで甘酒のトロトロ感が消え、自然に溶けあいます。ココア自体も美容に効果がある飲み物として知られているので、相性×効果ともに◎

 

【甘酒ヨーグルト】飲みやすい度…5

材料×作り方

■甘酒…50ml
■ヨーグルト(低糖)…100g

お皿にヨーグルトと甘酒を入れ、混ぜ合わせるだけの超簡単レシピ。他のレシピより食べた後の満足度も高く、朝食や小腹が空いた時にもおすすめ◎低糖・無糖の甘くないヨーグルトも、甘酒がプラスされることで酸っぱさが緩和され食べやすくなりますよ。私はこの組み合わせが1番気に入りました♡

 

アレンジして飲みやすく♡甘酒を美容に取り入れよう

今回紹介したレシピはごく一部…ですが、甘酒が苦手な私でもすべておいしく飲むことができました。甘酒は美容だけでなく、免疫力向上や疲労回復にも効果があるとされる元祖健康ドリンク!いままで避けていた人も、ぜひお気に入りのレシピを見つけて、健康維持・美肌促進の為に取り入れてみてくださいね♡

[記事公開日]2018.2.05