定番から新鮮な着こなしまで叶える!冬も履きたいレギンスコーデ

昨年GETしたレギンス、今年の冬コーデにもまだまだ活躍させちゃいましょう。おしゃれアイテムにも防寒にもなるしでとっても便利!定番のワンピースレイヤードはもちろん、冬にしたい着こなしを改めてチェックしておいて♡

冬コーデにもレギンスをプラスしたい!

昨年から使っているレギンス、この冬も引き続き取り入れたいですよね。そこで今回は冬におすすめのレギンスコーデや、おしゃれに見せるコツをご紹介していきます。

白ニットにブラウンレギンス、下半身をアップにした画像出典: ZOZOTOWN

レギンスをすでに使っている人も、レギンス初心者さんでも大丈夫です◎ぜひレギンスコーデの参考にしてみてください!

 

 

 

ワンピと合わせるのがもはや定番

冬はワンピースと合わせた着こなしがもはや定番です。一枚で着るよりレイヤードすれば暖かく、よりカジュアルに楽しめます。タイツもいいけどやっぱりレギンスがかわいい♡

 

 

冬はニットワンピに

黒のスウェットワンピースにレギンス、もこもこアウターとレオパード柄バレエシューズを合わせたコーデ出典: WEAR

冬はニットワンピにレギンスをレイヤードしたい!黒のレギンスなら足首もきゅっと引き締まります。もこもこなアウターとレオパード柄バレエシューズで、トレンドライクなコーデが完成♪

 

黒のニットワンピにブラウンのもこもこアウター、ベージュのレギンスとレザーシューズを合わせたコーデ出典: WEAR

ベージュのレギンスならコーデがグッと垢抜けます。冬のダークカラーとも馴染みやすく、程よく抜けを作ってくれるベージュレギンスはマストです!レザーシューズと合わせて、かっちりと辛めなテイストもGOOD。

 

 

花柄ワンピに

イエローの花柄ワンピに白のカーディガン、白レギンスとベージュのバレエシューズを合わせたコーデ出典: WEAR

花柄ワンピースにもレギンスを合わせるとちょうどいいです。白のカーディガンを羽織ったら、同じく白のレギンスを合わせて統一感のあるカラーコーデを意識して。ベージュのバレエシューズを合わせて、ニュアンスある着こなしが気分です♪

 

 

スポーティーな雰囲気にもマッチ

ベージュのパーカーワンピースにカーキのキルティングジャケット、グレーのレギンスとブラウンのショルダーバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

パーカーワンピースにレギンスをレイヤード。スポーティーな雰囲気のワンピコーデにもレギンスがマッチします◎スリット入りレギンスならおしゃれにキマりやすくて◎キルティングジャケットとコーデュロイバッグで、大人っぽくまとめて。

 

 

 

スカートと合わせるときは”色”に注意して

スカートとレギンスを合わせるときは、ちょっぴり”色”に注意が必要です。ワンピースと違いトップスが入る分アイテム数が多くなるので、レギンスまで入れるとゴチャゴチャした印象になってしまいます。でも色に注意すれば、馴染みのいいおしゃれなスカートコーデが目指せますよ!

 

 

黒が合わせやすい

パープルパーカーに花柄スカート、黒レギンスとスニーカー、ショルダーバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

一番合わせやすくて無難なのが黒です。コーデの邪魔をしない色なので、ビビットカラーや柄を入れたコーデに合わせてもスタイリッシュにまとまります。脚もさりげなくほっそり見え♡

 

 

スカートとトーンを合わせて

スカートと同じ色のレギンスを合わせたり、トーンを合わせたりすることで馴染みが良くなります。逆に黒スカートに白レギンスなど、コントラストの出るコンビは取って付けたように見えるのでNG!

 

白ニットにモカブラウンのもこもこアウター、黒スカートとレギンスを合わせ、レオパード柄バッグを持ったコーデ出典: WEAR

一番しっくりくるのは黒スカートに黒レギンスの合わせです。タイトめのスカートなら大人っぽい印象に。ショート丈のアウターを合わせてバランス良く着こなして。

 

白パーカーにレオパード柄スカート、リブレギンスと足袋バレエシューズを合わせたコーデ出典: WEAR

オフホワイトやブラウン、レオパード柄を使ったコーデは、トーンを合わせてベージュのレギンスをチョイス。少し長めのレギンスは、かかとまでカバーしてトレンカみたいに履くのもありですよ。

 

 

ミニスカなら大胆な白でも◎

黒のもこもこトップス×デニムスカート、白レギンスに白のもこもこバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

ミニスカートを履く場合は脚全体が見えてスッキリとするので、白などの目立ちやすい色のレギンスを合わせてもOKです。リブや編み模様のあるレギンスで、ここぞとばかりにおしゃれ感をアピールしてもいいかも♪

 

 

 

思いきってパンツ感覚で履いちゃおう

レギンスはレイヤードアイテムとして合わせるイメージが強いですが、思いきってパンツ感覚でそのまま履いちゃうのもアリなんです!合わせるトップスに気を付ければ、お尻のラインも目立たず気になりません。

 

 

オーバーサイズで合わせて

白のケーブルニットにベージュレギンス、ベージュのスニーカーと巾着バッグを合わせたコーデ出典: WEAR

トップスはオーバーサイズのものを選ぶのがポイントです。ちょっと大きめのケーブルニットでリラックス感のあるほっこりコーデに。ゆるピタなシルエットもまたツボなんです♡

 

白カットソーにモカブラウンのざっくりカーディガン、キャメルのバレエシューズを履きマフラーを巻いたコーデ出典: WEAR

ざっくりカーディガンと合わせてお尻をしっかりカバー。レギンスと合わせることで、カーディガンのダボッっと感がより際立ちます。ロングカーディガンなどを合わせても良さそう!

 

 

インナーを重ねれば安心

白のケーブルニットにロングシャツをレイヤード、レギンスとシルバーのバレエシューズを合わせたコーデ出典: WEAR

いつも着ているトップスだとお尻カバーできない!ってときは、インナーをうまく使いましょう。丈長めのインナーならカバーできるので安心です◎ケーブルニットにはロングシャツを重ねて、ちょいハンサムな着こなしがGOOD。

 

ベージュスウェットに白カットソーをレイヤード、レギンスとブラウンスニーカー、レオパード柄マフラーを巻いたコーデ出典: WEAR

スウェットに白のカットソーを重ねて。ここでもこの冬大活躍の白カットソーが登場です。お尻も隠せて、裾からチラ見せのおしゃれ効果も叶うので、まさに一石二鳥なレイヤードテクですね。

 

 

 

冬もレギンスがコーデに大活躍です♪

ボアコートにレギンスコーデの女性出典: WEAR

冬のおすすめレギンスコーデをご紹介しました。私たちが思っているより、レギンスっていろんな合わせ方ができて活躍の幅も広いんです。この冬はぜひ、レギンスをフル活用してみてくださいね。

[記事公開日]2019.1.26 [最終更新日]2019.1.29

NEW POST

ファッションの新着記事

PICK UP

ファッションのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ファッションのランキング