今年っぽくコーデしよう。たちまちおしゃれになる冬の帽子スタイル

コーデに投入するだけで、たちまちおしゃれになる帽子。この冬は定番はもちろん、難易度が高そうなアイテムまでおしゃれさんは難なく取り入れています!フライトキャップ、ロシアン帽、キャップ、ベレー帽…かぶるだけで今年っぽい帽子とおすすめコーデを一気にご紹介。

おしゃれは頭から♡今年の冬したい帽子コーデ

https://wear.jp/taeko0624/13937806/出典: WEAR

取り入れればたちまちこなれ感たっぷりなスタイルに導いてくれる帽子たち。単調になりがちな冬の装いも、顔まわりに洒落感があれば冬コーデもマンネリ知らずかも!

 

 

 

今年っぽさが欲しいなら<フライトキャップ>は外せない!

ここ最近街でよ〜く見かけるフライトキャップ。印象的なシルエットとボリューム感が一見とっつきにくい雰囲気ですが問題なし。バランスよく取り入れたいならシンプルなコーデに取り入れてみて!

 

 

単調なワンピコーデもグッとこなれる!

黒ニットワンピースにフライトキャップコーデの女性出典: WEAR

ほっこり感強めなニットワンピースは定番ゆえにおしゃれ見せさせるのが難しいアイテム。そんなワンピースにこそフライトキャップがぴったりなんです♡目線が上に上がることで間延びして見えがちなシルエットもキュッと引き締まります。

 

 

メンズライクっぽさの後押しに♡

https://wear.jp/piiiiko88/13944983/出典: WEAR

オーバーサイズのアウターにワイドパンツがリラックス度高め。ボリューム感のあるキャップとボトムスは、抜け感のあるホワイトのトップスを入れることでバランスよく仕上がります。

 

https://wear.jp/aoaoaoi1003/13916482/出典: WEAR

カジュアルなスウェットにスキニーのベーシックコーデも、フライトキャップがあればこんなにも新鮮な雰囲気になります。全体を落ち着いた色味でまとめることで、キャップの個性も控えめに映るはず。

 

 

 

難易度高め<ロシアン帽>はアウターとのバランスがポイント

フライトキャップよりもさらに難易度が高そう!というイメージのロシアン帽は、冬らしさたっぷりのファーがポイント。カジュアル派な大人女子にはあまり縁のないアイテムだと思われがちですが、アウターとのバランスを意識すればすんなりとハマるんです。

 

 

ミディアム〜ロング丈コートで雰囲気抜群

https://wear.jp/emineo/11318039/出典: WEAR

膝より下の丈まであるコートを合わせることで抜群のオーラを放つスタイルに変身。やりすぎな印象にならないように、アウターの色も明るめを選ぶと◎

 

 

ショート丈アウターはボリューム感重視で!

https://wear.jp/beh2hkn9/11349410/出典: WEAR

ショート丈のアウターはタイトよりも断然オーバーサイズがお似合い。大きめサイズを選ぶことでシルエットがなだらかになるので、ボリューム感に目が行きがちなロシアン帽もコーデになじみやすくなります。軽さはニットパンツのやわらかな素材感で出して!

 

https://wear.jp/bfriinan/8633080/出典: WEAR

ブラックのロシアン帽ならデザイン性の高いボトムスとも好相性。ミリタリーアウターで辛口なアクセントをプラスすれば主張控えめの上級者スタイルになりますよ。

 

 

 

万能&定番<キャップ>は冬らしくアップデートすべし

みんな大好きな帽子ことキャップは「いつものもの」でもいいですが、せっかくなら季節感を感じる素材やデザインのものにアップデートするのがおしゃれさんへの近道かも!

 

 

コーデュロイ素材がベーシックで使える

https://wear.jp/karinnko2001/11840029/

出典: WEAR

使いやすいブラウンのキャップはコーデュロイ素材に切り替えることで格段に洒落見えします。モノトーンコーデに差し色を入れる感覚で取り入れれば、他の季節とは違う冬ならではのスウェットコーデに♪

 

https://wear.jp/maistyle/13924547/出典: WEAR

ベージュっぽコーデも色だけでなく素材にまでこだわれたら最上級な仕上がりになること間違いなし!こなれ感たっぷりのオーバーオールは、ショート丈のアウターやコート、何と合わせてもおしゃれに見えるはず。

 

 

今年っぽいのは柄物キャップかも

https://wear.jp/item/32414918/出典: WEAR

メンズライクな装いにはあえて品のあるグレンチェック柄のキャップを合わせて、印象のギャップを楽しんでみるのもありかも。足元もスニーカーではなくローファーやスリッパをチョイスして、二つの印象を楽しんで!

 

 

 

優等生な<ベレー帽>はあえてカジュアルに取り入れるのがツウ

「きちんと」「レトロ」「上品」そんな言葉がぴったりのベレー帽ですが、今はあえてカジュアルテイストのコーデに取り入れるのがおしゃれ!ベレー帽の雰囲気があれば、どれだけカジュアルでも品良く見えてしまうんです。

 

 

デニム×スニーカーが抜け感ポイントに

https://wear.jp/sanki0102/8221510/出典: WEAR

ブラックデニムにスニーカーとベーシックな組み合わせなのにもかかわらず、そこに気品が加わるのはきちんとかぶったベレー帽のおかげかも。ゆったりサイズのコートを合わせてもよし、ミリタリーアウターを合わせてもよし!どちらもやんちゃ感少なめに着こなすことができるはずですよ。

 

 

スウェットorパーカーで上級者見え確実

https://wear.jp/arinko0826/13862112/出典: WEAR

ストリートムードがただようはずのスウェットも、ベレー帽を取り入れるとどことなくスクール調に見えるから不思議です。おでこを出してかぶることで抜け感GET+ハイウエストで履きこなせばスタイルアップも確実!

 

https://wear.jp/chikaa25/13773355/出典: WEAR

インパクトのあるオーバーサイズのスウェットに、ブラックのスキニーでメリハリをつければクールさMAXのスタイルの完成!仕上げの編みあげブーツで漂わせた“誰も寄せ付けないオーラ”はベージュのベレー帽で打ち砕いて♡辛口なコーデには柔らかい色のベレー帽を取り入れることで、グッと親しみやすさがUPしますよ。

 

 

 

主役級の帽子でいつものコーデの完成度をあげてみない?

柄ニットにキャップコーデの女性出典: WEAR

普段のコーデに取り入れるだけで、全く違った雰囲気になる帽子。コーデが物足りないときも、おしゃれに見せたいときも、マンネリしたときも…帽子があれば全部解決!

[記事公開日]2019.1.17 [最終更新日]2019.1.20

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県