冬は毎日ニット…ってもう飽きた!ニット以外のトップスコーデって何がある?

[記事公開日]2020.1.17

冬=ニットのイメージが強すぎるあまり、デイリーコーデはニットメイン…そんなことはありませんか?実際、ニット以外に何を着たらいいのかわからない冬。だけどせっかくならニット以外も楽しみたいはず!今回はおすすめのトップスを使ったスタイルをご紹介。

毎日毎日ニットニットニット…正直もう飽きました!

https://wear.jp/yuriel/14049079/出典: WEAR

冬になると陥りがちなのが「毎日ニット生活」。もちろんかわいいしあたたかいしで良いことづくめだけれど、そろそろニット以外のトップスが着たいかも。だけど、冬におすすめの「ニット以外のトップス」って何がある?おしゃれさんのコーディネートを参考に探してみましょう!

 

 

 

ニットと同じくらいあたたかい!《スウェット》でスカートも雰囲気チェンジ

ニットと肩を並べるくらいあたたかレベルが高いのがスウェット。たっぷりとしたシルエットを選べば中に着込むこともできるし、何よりもニットにはないカジュアルムードがツボ♡丈感でも印象が変わるので、何枚か持っていると便利なアイテムかも。

 

 

絶妙丈スウェットでコーデに印象をプラス

https://wear.jp/beh2hkn9/14064824/出典: WEAR

前後で丈感が違うスウェットはそれだけでエッジの効いたスタイルが叶います。袖にポイントのあるスウェットを選べば甘めな雰囲気の花柄スカートもヴィンテージライクな装いに。カットソーをインナーに入れてメリハリをつければまとまりのあるコーディネートに。

 

https://wear.jp/dieu8/14068151/出典: WEAR

たっぷりとした袖がアクセントのスウェットも、ダークカラーならかわいらしくなりすぎることなく着こなせます。スカートも同系色でまとめることで落ち着いた雰囲気に。小物にホワイトを取り入れれば自然と抜け感を取り入れることができますよ。

 

 

オーバーサイズがこなれっぽい!

https://wear.jp/azusaexp/14054858/出典: WEAR

だぼっとしたシルエットがメンズライクなムードのスウェットには、コンパクトなアイテムを合わせて大人っぽさをアピール!広がりの少ないタイプのプリーツスカートなら、スウェットをちょうど良いバランスに整えてくれますよ。

 

https://wear.jp/dieu8/14041774/出典: WEAR

白いハイネックのスウェットは思い切って白いスカートをチョイス!色を合わせるだけのワンツーコーデなのに、白になるだけで一気に洗練度が上がります。オールホワイトが難しいと感じるなら、足元やバッグでベージュ系カラーをセレクト。それだけでグッとデイリーな装いに変わります。

 

 

 

カットソーさえあればメインにも脇役にもなってくれる!

春夏秋冬、いつどんなときも役に立ってくれるカットソーのことを忘れてはいませんか?ぽってりニットもいいけれど、たまにはスタイリッシュで身軽なカットソーを冬コーデに取り入れましょ。中に着込んだり、合わせるアイテム次第で冬にぴったりな装いになるはずですよ。

 

 

ボーダー柄でフレンチシックに

https://wear.jp/sizu0618/14061644/出典: WEAR

定番のボーダーカットソーニットカーディガンの下からちらっと見せるのが冬の楽しみ方。チノパンやベイカーパンツなどカジュアルなアイテムと合わせてパリジェンヌのような装いにチャレンジしてみて。重たくなってしまいがちな冬コーデに軽快さをプラスしてくれますよ。

 

https://wear.jp/yuriel/13990499/出典: WEAR

ボリューム感たっぷりなカーディガンと、抜け感のあるボーダーカットソーのギャップにきゅんとしてしまいそう。質感に差があればあるほどメリハリのあるスタイルに仕上がるのでぜひ取り入れてみて!

 

 

袖ずるタイプがストリート感漂う!

https://wear.jp/ass03/14069363/出典: WEAR

袖がずるっと長いカットソーはデニムにウエストインした着こなしがおすすめ!それだけでこなれたバランス感と大人のストリートムードが漂います。大胆にロールアップさせたデニムでシンプルコーデにスパイスを加えてあげて。どんなアウターでも合うけれど、寒い日はボアアウターやダウンジャケットも◎

 

https://wear.jp/nojico223/14066442/出典: WEAR

バッグプリントが印象的なカットソーはシンプルなアイテムと組み合わせて!やんちゃなムードのデザインでもマキシ丈のスカートを合わせれば大人っぽく仕上がります。足元はローテクスニーカーをチョイスして、トータルバランスをシンプルに整えて。

 

 

 

きちんとシャツはレイヤードで着崩すべし!

一枚で着るにはまだ寒いシャツもインナーレイヤードすればまだまだ着られます。色の組み合わせを楽しみながら単品じゃ味わえない雰囲気を楽しんでみて!

 

https://wear.jp/konii/13594543/出典: WEAR

白シャツを主役にモノトーンでまとめたスタイル。他アイテムをとことんブラックにすることでシャツの良さが際立ちます。足元はこなれ感を意識してスニーカーをセレクトしても、ブーツやパンプスできれいめなムードを漂わせても◎

 

https://wear.jp/tome411/14070847/

出典: WEAR

クラシカルなブラウンのシャツはベルトできゅっとウエストマークした着こなし方がGOOD。インナーにホワイトのタートルネックをレイヤードすれば柔らかい雰囲気を演出することができます。レザー小物で知的なムードを取り入れるのも忘れずに!

 

https://wear.jp/mgm828/14057064/出典: WEAR

ホワイトコーデにネイビーのシャツを合わせたスタイルは、重たくなりがちな冬コーデが新鮮になるかも。爽やかな印象になりすぎないように、ブラウンのバッグを取り入れて色味を落ち着かせて。

 

 

 

冬のトップスはニットだけじゃないんです♡

ブルーのスウェットに白パンツコーデの女性出典: WEAR

いつのまにかニットばかりになりがちな冬だからこそ、それ以外のアイテムにも目を向けてみて!まだまだ楽しめる要素はたくさんあるはずですよ♡

PICK UP

ファッションのピックアップ記事

宅食バナー