2023.1.06

<上司失格なパワハラ男>取引先に“嘘”をついてまで産休をとった部下を追い込む横暴な上司の末路…

部下の要望や不安に出来るかぎり寄り添うのが理想の上司かと思います。しかし中には部下の邪魔をする人もいるようなのです…。今回はそんな横暴な上司が登場する漫画「産休反対上司の末路」を紹介します。

    『産休反対上司の末路』

    主人公・コウジは、妻の出産予定日1週間前から「産休」を取る予定で上司のテツ係長に申請しました。
    会社としては「男性社員の産休」を推奨しているため手続きを進めるものの、内心は反対派のテツ係長…。

    産休がはじまる前に引継ぎを済ませたコウジに雑用や担当範囲外の仕事を振り意地悪…。
    コウジは疑問に感じつつもなんとかそれをこなしているうち、無事に子どもが生まれ「これで本格的に妻のサポートができる」と喜んでいたのですが…?

    緊急会議と言われ呼び出されたけど!?


    出典:Youtube
    テツ係長に呼び出され出社すると「お前が産休を取ったから呆れた担当取引先が取引中止と言ってきた」と告げられてしまったのです!
    「取引先が子育て頑張れと言っていたのは社交辞令」「この責任はどう取るつもりだ?」とコウジを追い詰めるテツ係長…。

    しかしコウジは愛する妻のため、子どものため産休を切り上げないと宣言…テツ係長は激怒し「経営が傾いたらコウジ君のせい」と脅す始末。
    あまりにもひどい対応にコウジは労基監督署に相談…すぐさま対策してくれた「労働者の味方」の活躍によりテツ係長の悪事はすべて白日の下に晒され…?

    テツ係長は因果応報な末路を迎え、コウジには平穏で幸せな日々が訪れるのでした…。

    上司として最低なテツ係長にドン引き…

    上司の立場を利用して自分勝手な意見のもとコウジにパワハラするテツ係長には驚きを通り越して怒りすら思えます…。
    部下にかかわらず自分の家族や身近な人が困っているときには、率先して助けることのできる人間でありたいものですね。

    読者の感想

    政府が男性の育児休暇の取得を推進しているため、企業もそのような動きはありますが、やっぱり実態はなかなか認められなかったり、社内の雰囲気が許さないのが現実なのかなと思いました…。
    (35歳/主婦)

    こんな考えの男の人がいる限り、家庭内で孤独に子育てする女性が増えるだろうなと怒りすら感じました。最低な上司にも負けず産休を取ったこの旦那さんは素晴らしいし、奥さんも幸せだろうなぁと思いました。
    (38歳/主婦)


    モナ・リザの戯言さんのYouTube
    (lamire編集部)(イラスト/モナ・リザの戯言)
    ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。