2022.12.16

【伝家の宝刀】「沖縄出身でよかったー!」しつこいキャッチセールスを撃退した“まさかの方法”とは!?→大勝利してスカッと♪

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    同級生のふりをするキャッチセールス

    街を歩いていたら、キャッチセールスのお姉さんに声をかけられました。
    「久しぶり、すごい偶然だねえ!元気だった? 私もこっちで働いていて、エステの仕事しててさあ、初回は無料だからちょっと体験してみない?」とまくしたてられました。

    出典:lamire
    怪し過ぎる話に「ごめんねえ、よく覚えてなくて。名前なんだっけ?」と言うと「酷〜い、ほら、小学校の同級だった、中島」と言われたので「そうきたか…」と心の中で手を打ちました。

    「ごめん、人が少ない私の出身地沖縄で、中島って名前は覚えてないなあ」と言い、その後コテコテの沖縄弁で「ぐみーん、わんがんまれー、うちなーうぅてぃっちゅがいきらさるとぅくるやたんしが、中島でぃぬなめーうびてぃうぅらんなあ」と言いました。

    キャッチセールスの女性が「ギョッ」として、「すみません、人違いでした」とそそくさと去っていったとき「沖縄出身でよかった」と心から実感した痛快な体験でした。
    (女性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼