最近ご無沙汰してたけど…今年の冬はスキニーコーデ人気が復活ぎみ!

最近ご無沙汰していたスキニーを使ったコーデ。でもこの冬は、じわじわと復活中なんです。ゆるニットやざっくりカーデ、ビッグスウェットとも相性バッチリだし、何より美脚効果が高く着痩せして見えるのが嬉しいポイント。やっぱりスキニーって、頼りになる♡

この冬は、スキニーが大活躍の予感です

ベージュのゆるニットに黒スキニーを合わせた女性

出典: WEAR

ここ最近のゆるコーデ人気に押されて、ちょっぴり影の薄かったスキニー。でも2018-2019冬は、スキニーのタイトなシルエットが何だか新鮮。冬ならではのボリュームトップスやアウターとも、相性バッチリだし。これは久々にスキニーブーム、来ちゃうかも♡

 

 

 

ゆるニット×スキニーは冬の鉄板コーデ

ゆるっとしたニットとタイトなスキニーでつくるYシルエットは、冬コーデの鉄板。着こなしの主役になるような華やかさは無いけれど、スキニーはニットのかわいらしさを最大限引き出してくれる名脇役なんです!

 

ノルディック柄ニットに黒スキニーを合わせた女性

出典: WEAR

淡いピンクやグレーの編み込み模様がノスタルジックな白のノルディック柄ニットを、スキニー×コンバースでカジュアルに。シンプルなワンツーコーデだからこそ、キュートなニットの魅力がグッと際だちます。

 

黒のオフタートルニットに白のインナーを仕込んで、黒スキニーを合わせた女性

出典: WEAR

ざっくりとボリュームのあるオフタートルニットも、ボトムスにタイトなスキニーを合わせるとスッキリとした印象に仕上がります。タートルの裾から白のカットソーをチラ見せすることで、ヒップ周りをカバーできるのと同時に黒ベースのモノトーンコーデに軽さが出せますね。

 

ブルーのケーブルニットに白シャツを仕込んで、黒スキニーを合わせた女性

出典: WEAR

サックスブルーのフィッシャーマンニットを、黒スキニーで引き締めて。くるぶしののぞく丈感が、抜けを演出するポイントです。同じ白インナーでも、パリッとしたシャツならよりきちんと感がUPしますよ。

 

ざっくりとしたニットワンピにスキニーデニムを合わせた女性出典: WEAR

すとんとしたニットワンピに、レギンス感覚でスキニーを仕込むのもおすすめ。ワンピース1枚で着るよりもこなれて見えるし、生地のしっかりとしたデニムなら防寒効果もバッチリなんです♡

 

 

 

ざっくりカーデを羽織るのが好バランス

ボリュームのあるざっくりカーデは、この冬も大人気。ボトムスに迷ったら、ぜひスキニーを合わせてみて。たっぷりとしたカーディガンとのメリハリを出しやすいうえに、スキニーを履くときに気になるお尻から太ももにかけてをカモフラージュできて、まさに一石二鳥なんですよ。

 

白Tに白のざっくりカーデを羽織って、黒スキニーを合わせた女性

出典: WEAR

太い毛糸を丁寧に編んだハンドニットのカーディガンは、重厚感のあるシルエットがときとしてもっさり見えがち。だからこそ、タイトなスキニーで美脚を印象付けるのが◎ヘアをコンパクトにまとめたり、ストールを巻いて上半身にポイントを置くと、さらなるスタイルUPが狙えますね。

 

黒のリブタートルにグレーのざっくりカーデを羽織って、スキニーデニムを合わせた女性

出典: WEAR

ハイゲージのリブタートルにざっくりカーデを羽織れば、とびきり暖か。黒スキニーでインナーのタートルとつなぐのもアリですが、濃いめのスキニーデニムでタートルとカーデの両方に程よくなじませればよりナチュラルに仕上がります。

 

白のワッフルワンピにスキニーデニムを合わせて、ブラウンのロングカーデを羽織った女性

出典: WEAR

ロングワンピ×スキニーデニムの組み合わせに、たっぷりとしたロングカーデを羽織ってゆるゆるっとしたシルエットを楽しんで。ワンピースをベルトでブラウジングしたり、薄色デニムをチョイスすれば、ダークカラーのカーディガンでも軽やかさを出せますよ。

 

 

 

×スウェットはアイテムを重ねてぬくぬくに

ニットばかりじゃ、冬コーデもちょっぴりマンネリ。そんなときに頼れるスウェットとも、スキニーは好相性♡アイテムを中や外にレイヤードして、寒い冬でもスキニー×スウェットでアクティブかつぬくぬくに過ごしちゃいましょう!

 

ロゴスウェットに白のカットソーを仕込んで、黒スキニーを合わせてスヌードをした女性

出典: WEAR

裏起毛のビッグスウェットにスキニーを合わせて、ゆるっとしたシルエットのかわいらしさをアピール。ロゴとリンクする白のカットワンピを仕込んだり、もこもこのエコファースヌードをぐるぐる巻けば北風も気になりません♪

 

ベージュのスウェットに黒のタートルを仕込んで、黒スキニーを合わせた女性

出典: WEAR

カジュアルなイメージの強いスウェットですが、ベージュのスウェットに黒のタートルをINすれば何だか大人の雰囲気。身体のラインをしなやかに強調する黒スキニーとブーツをつないで、ほんのり女っぽく攻めちゃいましょ。

 

黒のスウェットにライダースとざっくりカーデをレイヤードして、グレースキニーを合わせた女性出典: WEAR

コンパクトなスウエットは、ライダースやざっくりカーデなど上にアイテムをレイヤードして暖かく♡ハンサムなモノトーンコーデに、白ソックス×アンクルストラップシューズの足もとが印象的です。

 

 

 

ボリュームアウターとも相性抜群

2018-19冬は、ビッグシルエットのトップスも余裕で着こめるゆったりしたアウターがマスト。さらにダウンやボアなど、着膨れの気になるアウターも軒並みトレンド入り。そんなボリュームアウターをスッキリ見せてくれるスキニーに注目が集まっているのも、ある意味必然と言えるのかも!?

 

白のタートルネックニットにスキニーデニムを合わせて、キャメルのビッグシルエットのコートを羽織った女性

出典: WEAR

肉厚のタートルネックニットもすっぽり覆える、ビッグシルエットのリバーコート。ピッタリとしたスキニーを履いた脚をコートからのぞかせることで、全体的にスリムな印象を演出することができますよ。

 

ベージュのパーカーに黒スキニーを合わせて、黒のダウンコートを羽織った女性

出典: WEAR

これまで防寒一筋だったダウンジャケットが、おしゃれアイテムとして注目を集めている2018-19冬。それでもボリュームたっぷりなのは否めないから、スキニーでスッキリ見せたいところ。黒やベージュなど落ち着いたカラーでまとめれば、大人っぽさもキープできますね。

 

ブラウンのボーダートップスに黒スキニーを合わせて、ボアミリタリーコートを羽織った女性出典: WEAR

もこもこのボアアウターも、この冬のトレンド。ぬいぐるみのようなかわいらしさのあるアイテムだからこそ、タイトな黒スキニーで程よい色気も同時にアピールしてみるのはいかが?

 

 

 

やっぱりスキニーって優秀!

黒スキニーにアウターコーデの女性出典: WEAR

着膨れしがちな冬コーデでも着痩せを叶えてくれる、タイトなスキニーの魅力を改めて実感♡この冬はスキニーを相棒に、ボリュームのあるアイテムをおしゃれに着こなしちゃいましょ。

[記事公開日]2018.12.14 [最終更新日]2018.12.18

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS