2022.10.21

【スカッと!】スーパーで割引商品をぶんどる迷惑おばさん…→「まじありえないわ~」“意外な救世主”が彼女を撃退!

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    若いカップルのおかげで…


    仕事帰りに、スーパーに買い物に寄りました。

    その日は疲れていたので「総菜でも買って帰ろう」と割引になっているパックを掴むと、横から私を押しのけるようにして、おばさんがパックをぶんどっていって…

    あまりのことにびっくりしていると、それを見ていた若いカップルが「ちょっとあのおばさん見た!?今強引にぶんどっていったよ。ああいう厚かましいおばさんって本当にいるんだね、まじありえないわ~」と周りに聞こえるように話しだしました。

    私から総菜を奪ったおばさんは、その場に総菜を置いて、恥ずかしそうに立ち去っていきました。
    (女性/会社員)

    フンを拾え!

    私がまだ大学生だった頃の話です。
    ある天気のいい休日の昼下がり、愛犬の散歩に出て、近くの駐車場を通りました。

    すると、突然おじさんの怒鳴り声が、駐車場に響き渡ったのです。
    「おい! そこの! 犬のフンは拾え!」

    驚いてキョロキョロすると、フェンス越しに、スキンヘッドのおじさんと目が合いました。
    駐車場はフェンスで囲われており、その向こうに2階建てのアパートが建っていて、1階の窓が開いていました。

    おじさんは、その窓の中から怒鳴ってきていたのでした。
    フェンス越しとは言え、まだ学生だった私は怖くて固まってしまいましたが…。

    我に返って、「フンは全部取ってます」と言い散歩バッグを持ち上げて見せました。

    愛犬は怖がりだったので、決まった場所でしかフンをしませんでしたし、私たち家族はそれをきちんと回収していたので、完全にえん罪なのですが…。
    おじさんの怒りは収まらないようで、「フンが転がってるだろうが!どうせ犬連れでよく通る奴らだろ!」と怒鳴り続けてきます。

    「でも、うちの犬ではないです…」と言おうとしたとき、今度はおばさんの声が響き渡りました。

    「うるさいよ、あれはあんたの猫のフンだよ! 自分が拾え!」
    見上げると、アパートの2階の窓から、おばさんが顔を出していました。

    おじさんはおばさんの窓を見上げて「なんだよ!」と言いましたが、自分の非に気付いたのか、私に怒鳴ったときのような勢いはありませんでした。
    おばさんは、「相手が若い子だからって八つ当たりするなんてねぇ! 気にしなくていいよ!」と、気さくな感じで言ってくれました。

    当時の私は怖くて言い返しきれなかったので、おばさんに感謝の気持ちでいっぱいでした。
    それからは懲りたのか、おじさんは2度と怒鳴ってきませんでした。

    (女性/主婦)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼