2022.10.20

【スカッと】電車内で息子がぐずりはじめてハラハラ…!隣に女性が座ってドキドキ…!→そんな彼女が“ギフト”を運んでくれて感動の結末に…

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    励ましと優しさ

    子どもがまだ1歳後半ぐらいのころ。
    転勤先の千葉と実家のある都内を頻繁に行き来していました。

    常磐線での長旅の後半、ときどき息子が飽きてぐずりはじめることも。
    息子がぐずりはじめたあるとき、40代ぐらいの女性が、私たちの隣に座りました。

    「あーこのタイミングで…」とビクビクしていたら、その女性が息子と私に優しく話しかけてきてくれました。
    優しい雰囲気を察したのか、息子も泣くのをやめて、その人に自分のおもちゃの車を見せはじめ、何やらコミュニケーションを取りたい様子。

    30分くらい息子の相手をしてくださりながら、楽しく会話させていただきました。
    彼女が降りる駅の直前に「私は長年、保育士をし園長としても働いてきました。あなたのお子さんは聡明で輝くものをお持ちですよ。成長したらクラスを引っ張るような男の子になると思いますよ。経験上わかります。」と笑顔で話してくださり、下車されました。

    慣れない子育てでプレッシャーや悩みを抱えていた私に、見知らぬ彼女がくださったメッセージは、神さまからの「励ましと優しさ」を感じるギフトのようでした。
    (女性/主婦)

    車が見つからない

    車で仕事に行ったときのことです。
    駅前に停めようと思っていたら、周りがパーキングだらけでした。

    停めるところに困ることはなかったのですが、方向音痴のため、帰りがとても心配だったのです。
    仕事が終わり駅前に戻ってくるとあたりは真っ暗で、看板の電光しか見えません。


    出典:lamire

    自分の車が見つからず、「えっ!どこだっけ?」と駅前を1時間以上歩き回りました。
    もうダメだと思ったとき、タクシーが目に入りました。

    藁にもすがる気持ちでタクシーに乗って事情を説明し、自分の車を探してもうことにしたのです。
    するとすぐ近くの通りのパーキングに車を発見!

    安心して泣きそうになっていると「気をつけて帰りな」と一言。
    あのときの運転手さんには本当に感謝しています。
    (女性/派遣社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    困っているとき、優しくしてくれる人がいるだけでうれしいですよね。
    自分も周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼