2022.10.14

「今日だと手数料かかる…」2万貸してと頼む友人。返済を求めると”意味不明すぎる言い訳”で憤慨!

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    〇日に返すから!

    今年の始め頃の話です。
    出会い系サイトで知り合った人に、お金を貸してほしいと言われました。

    当時私は持ち合わせがあったので貸すことに…。

    そのとき相手は「1週間後の〇月〇日には返す」と言いました。

    1週間が経ち、返済の日が来ました。私からは言わずに、相手が切り出すのを待っていました。
    しかし、一向に相手はお金のことを口にしませんでした。

    そのまま1ヶ月が経ち、私から「あのお金ってどうなってるの?〇日に返すって言ってたけど」と切り出したのです。

    そうすると、今度は、その日からまた1週間後くらいの「〇月〇日には返す!」と相手は言い切りました。
    私は、もう一度だけ相手の言葉を信じようと思いましたが、その日になって、預金残高を確認するもお金は一向に入って来ず、また相手に連絡をしたのですが…。

    「ねえ、〇日には返すって言ってたけど、どうなってるの?」と聞くと「いや、ちょっと手違いがあって…」と濁すばかりでした。

    そこからもう半年以上が経ちますが、私の元にはまだお金が戻ってきていません。
    なんとか平和に暮らしているので、もう忘れたいです。

    (男性/無職)

    何の手数料?


    ご飯を食べに行っても、いつもお金を払わない友人から電話がありました。

    「今月カードの支払いができそうもないので2万円貸してほしい。来週入るバイト代ですぐ返すからお願いできない?」と言われ、貸してしまいました。
    次の週になっても連絡は来ず、その翌週に連絡が来て「今日返しに行く」と言われたのですが、私は用事があり…。

    「私から連絡する」と言い、次の日に連絡すると「都合が悪い」と言われ、その次も「都合が悪い」と言われ、挙げ句の果てに「今日だと手数料がかかる」とおかしなことを言われました。

    ずっと黙って許していましたが、我慢の限界でブチギレ。

    後日、異様な雰囲気で返済されました。

    (女性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼