FASHION

2022.9.27

「ギャルだったネ〜」髪色が明るいまま違う学科に編入→みんな黒髪で1人だけ浮いてしまった<ファッションで失敗した体験談>

あなたはファッションにまつわる失敗をしたことはありませんか? 「場違いなファッションをしてしまった!」「ファッションのせいで目立ってしまった…!」など恥ずかしい思いをしたことがある方は少なくないのでは? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

    一人だけギャル!?

    専門学生の頃の話です。
    入学当初はビジネス系の学科にいたのですが、ほとんど高校時代に習得した内容だったので、法律関係の学科に編入しました。
    ビジネス学科の先生から、生活面については特に説明がなかったので、髪色が明るいまま法律学科へ。
    教室のドアを開けた途端、まさかの光景が…

    なんと、みんな黒髪だったのです。
    さらに服装も軽く正装をしており、編入初日から浮いてしまいました。

    今でも同級生に、「編入初日は、ギャルだったネ〜」と馬鹿にされます。

    (女性/会社員)

    富士山で真夏の格好

    夏休み真っ只中、家族で旅行に行った時の話。
    生まれて初めて富士山へ行くことになりました。

    両親も富士山へ行くのはその時が初めてだったそうですが、無知だったのだと思います。
    私たち家族だけが真夏の格好をしており、失敗したと思いました。

    8月の猛暑でも富士山の5合目はとても半袖ではいられず、お土産屋さんに入っただけで帰ってきましたが、それでも寒くて震えるほど…。
    山の寒さを知った良い経験にはなりましたが、富士山の思い出として鮮明に残っています。

    (女性/無職)


    ファッションを楽しみたいものの、こんな失敗をしてしまったという方もいるのでは…?
    失敗しない服選びを心掛けたいですね。

    ※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています。

    【周りを見ると…あれ?】幼稚園の面談にて、スーツで決めた私と七五三のような格好の息子→案内プリントを見返すと、普段着でよかったらしい…<ファッションで失敗した体験談>