2022.9.24

【衝撃】「40万円貸したよね…?」兄にお金を貸してから3年、返済が“滞っている”ため催促すると…?→「え?お金返さなかったっけ?」

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    兄にお金を貸したら…

    兄との間に起きた、金銭トラブルの話です。
    3年程前、兄は仕事と育児に追われ金銭的余裕がなかったようで「すぐ返すから」と言われ、お金を40万円程貸しました。

    それから半年後、貸したお金の半分は返ってきたのですが…。
    残り半分は「もう少し待って」と言われたので待ちました。

    しかし、今現在も返ってきていません。
    兄は職場で昇進し、給料も3年前の倍は貰っていると聞きます。


    出典:lamire
    それなのに、まだ返ってきません。
    しまいには「え?お金返さなかったっけ?」と、なかったことにされてしまい…。

    お金の貸し借りは、家族であっても慎重にするべきだな…と勉強になりました。

    (男性/フリーター)

    読者の感想

    このエピソードにはすごく共感できます。私自身は両親ですが…。何度か両親に金銭を貸していますが、当の本人は貰ったものと思っているようで返ってきたためしがありません。家族なので要望を拒否することも出来ず、お金を渡すときはあげたと思うようにしました。親しき中にも礼儀ありとつくづく思いました。
    (女性)

    少額ならともかく、40万は多いと思います。
    多額のお金を貸す場合は、例え親族間であっても、誓約書を書いて、判子を押してもらうべきだと思います。
    もし、次、お兄さんが同じようなことを言って来たら、そうすると良いと思います。
    (女性/会社員)

    お兄さんが本当にお金を返した気になってるのか、それともはぐらかそうとしているのかは分からないけど、どっちにしたって返さなくていいことにはならないよね。こういうのうやむやにしてると後々我が身に返ってくるよ。
    (匿名)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼