FASHION

2022.9.24

「妹のように思っていた」仲良しの彼からフラれ大号泣。電話で励ましてくれたのは彼の親友だった!<失恋から立ち直ったきっかけ>

あなたは辛い失恋を経験したことはありませんか? 大好きな人から振られてしまうと、なかなかすぐ立ち直るのは難しいですよね。 では、辛い失恋から立ち直ることができた方は、どのように乗り越えたのでしょうか? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

    ショックで泣いていたけれど…

    高校3年生の時の話です。
    当時ボランティアをしていたのですが、そこで知り合った4歳年上の男性と仲良くなりました。
    最初は「お兄ちゃん」のような存在に思っていたのですが、食事や買い物に誘われるうちに、いつしか気になる存在に…。

    ある日、いつものように買い物に誘われて待ち合わせ場所に行くと、彼が連れて行ってくれたのは水族館。
    彼からのサプライズにすっかりその気になった私は、「彼も私の事が好きなんだ」と舞い上がり、後日思い切って告白することに。

    すると「妹のように思っていた。女性として見たことはない」とあっけなく振られてしまいました。
    あまりのショックに立ちなおれず、彼と親友だった男友達に泣きながら電話報告。
    それから毎日のように、私が落ち着くまで電話してくれるようになりました。

    次第に彼から振られたショックも薄れ、その男友達と付き合うことに。
    すっかり失恋から立ちなおることができました!
    (女性/パート)


    出典:lamire

    フラれた結果…

    若い頃の話です。
    当時私は、昼にペットショップ、夜は接客のアルバイトと、掛け持ちで働いていました。
    アルバイト先では大学生が多く、私も年齢が近かったので、みんなで遊ぶこともしばしば。
    彼氏もできて楽しい毎日でした。

    そんなある日、勤務先のペットショップが閉店。
    私は彼氏と結婚も考えていたので、とくに就職することもなく、アルバイトをして過ごしていました。

    その後、大学生だった彼氏は卒業後、県外へ引っ越してしまったため遠距離に。
    しばらくすると、彼氏は向こうで新しい彼女ができたらしく、私はフラれてしまいました…。

    それがきっかけで私はフリーターをやめ、ペットショップに就職。
    新しい生活が始まると、職場に慣れるのに忙しく、仕事に打ち込む事で失恋から立ちなおることができました。
    (女性/アルバイト)


    新たな出会いや熱中できる何かが見つかると、失恋から立ち直りやすいのかもしれません。
    失恋して悩んでいるという方は、新たな一歩を踏み出せる勇気に繋がれば幸いです。

    ※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています

    嫌がらせをしてきた友人と片思い中の彼が付き合うことに…。数年後、彼らの”結婚報告”を聞いて…?→「なんで嫉妬してたんだろう?」<失恋から立ち直ったきっかけ>