FASHION

2022.9.07

「うちの雰囲気に合わないね」「私服ok」の面接に気合を入れて行く→面接官にボソッとツッコまれて恥…。<ファッションで失敗した体験談>

あなたはファッションにまつわる失敗をしたことはありませんか? 「場違いなファッションをしてしまった!」「ファッションのせいで目立ってしまった…!」など恥ずかしい思いをしたことがある方は少なくないのでは? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

    美容室の面接で

    美容室に就職するための面接で「服装自由」と書かれていましたが、面接なので一応スーツを着て行ったら「なんでスーツなの?この後何かあるの?」と言われました。
    面接だからスーツで行ったのに、普段着で全然良かったらしいです。

    その後面接は合格し、無事にその美容室に就職しましたが、後日スタッフからは笑いのネタにされてしまいました。
    ちなみにその美容室では、面接にスーツで来たのは、過去にも自分1人しかいなかったとのこと。
    今では楽しく働いています。(男性/会社員)

    オフィスカジュアルを意識して

    面接の時に「私服、カジュアルな服装で来てください」と指定があったため、それ通りに行きました。
    オフィスカジュアルを意識すると同時に、自分を華やかに見せたいと思い、控えめの花柄のトップス、綺麗目のパンツを着て面接に行きました。
    すると面接の方に、「うちの雰囲気に合わないね」とボソッと言われました。
    営業やお客様に接する仕事ではなく、内勤の仕事でしたので、そんなにも気合いの入った格好でなくて良かったみたいです。
    言われたことを鵜呑みにしないで、仕事内容やHPなどを見て、できれば職場の雰囲気を掴んでいけば良かったです。
    迷ったら無地の白のカットソーに黒いボトムスにします。(笑)
    (女性/会社員)


    皆さんはこのような経験をしたことはありましたか?
    「服装自由」や「私服、カジュアルな服装」と書かれていても、実際の面接ではこういった失敗があるようです。

    面接で「服装自由」と言われた場合のコーデの例


    出典:lamire

    「服装自由」とされている面接では、何を着たらいいのか…と悩んでしまいますよね。
    服装自由の場合は、上記のようなオフィスカジュアルの服装を選ぶとよいかもしれません。

    また、その企業の口コミや社風などを事前に調べておくことも大事ですよ。

    ※こちらの服装は「オフィスカジュアル」の一例になります。

    ※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています。

    ママ友「ホテルランチだからデニムはやめておいた〜」久しぶりのホテルランチにお気に入りの服装で参加→逆に”着飾った服装”の方が浮いて安心…<ファッションでの体験談>