FASHION

2022.9.02

寒色を好む友人の結婚式で”ピンクのドレス”を着て参加した私→お色直し後に登場した友人の姿を見てびっくり!<ファッションで失敗した体験談>

あなたはどんなときにファッションに気合を入れていきますか? もしかしたら、気合を入れた服装が原因で空回りしてしまう…なんてこともあるかも!? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

    友人がお色直しした姿を見て

    友人の結婚式に参列した時のこと。
    友人は青や緑などの寒色を好むタイプなので、薄いピンクのドレスを着て参列しました。

    友人自身も「ピンクは選ばないな〜」と言っていたので被ることはないだろうと思っていたのですが、お色直しを終えて登場した友人をみたらまさかのピンクのドレスでモロ被り!
    可愛かったけど被ってしまった申し訳なさは拭えなくて…。

    周りの友人や参列者もまさかピンクで登場するとは思っておらず、皆驚いていました。
    そのため赤系のドレスを着ている人も多かったです。

    後日その友人は「驚かせてみたくて選んでみた。みんなもピンク選ぶとは思ってなかったみたいで似たような色のドレスの人が多くて嬉しかった。」と言ってくれましたが、
    選ばないなと言っていたとしても、”100%ない”とは何に対しても言えないんだなと学んだ出来事でした。

    (女性/専業主婦)


    ファッションを楽しみたいものの、こんな失敗をしてしまったという方もいるのでは…?
    失敗しない服選びを心掛けたいですね。

    ※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています。

    「実は御嬢様?」「服にいくら使っているの?」大学に母の”バブル時代の服”を着ていった結果→友人から誤解が…!<ファッションで失敗した体験談>