2022.8.10

「やっぱり質素なところに住んでるんだねぇ!」強引に家に押しかけてきたママ友。→失礼すぎる“トンデモ行動”で仰天…

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんはいませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    回りくどい嫌味に反撃!

    ママ友たちと食事をしているときに目の当たりにしたエピソードです。

    AさんはSNSでかなりのフォロワー数を集めている方で、日常的に自分のことを投稿しています。
    そんな華々しいAさんのことをよく思わないのがBさん。

    ある日のランチ会でBさんが「この間のダンスをしている動画、すごいね~」とAさんの投稿を褒めました。
    笑顔で「見てくれてありがとう!」と返すAさん。

    するとBさんは「子どももちょっと見切れているあの技!ああやって閲覧数稼ぐんだね!わたしにはまねできないわ」と嫌味を…
    しかしAさんは「技なんてものではないよ!Bさんもやってみたら?…あ~Bさんにはちょっと難しいかな?」とすかさず反撃。

    いつも2人のバトルに挟まれて困っています。
    (女性/主婦)

    デリカシーなさすぎ!

    言動に遠慮がないママ友。
    ある日「新婚のお宅の夕飯に呼ばれに行くわ~」と、半ば強引にうちに押しかけてきました。

    部屋を見回しての第一声は「やっぱり質素なところに住んでるんだねぇ!」。
    頑張って振る舞った手料理には「へえ~毎日こんなに何品も作ってんの?」と上から目線な発言…。

    主人のことは「〇〇に似てる~!」と言われてもあまり嬉しくない人物を連呼しまくり…初対面にもかかわらず遠慮ゼロ。
    挙句の果てには、「〇〇さんの家は凄いセレブなホームパーティで素敵だった」と他人の自慢話をしまくり。

    出典:lamire

    その後も度々電話をかけてきては一方的に自慢話ばかりする彼女。

    スッパリ縁を切りました。
    (女性/フリーランス)

    いかがでしたか?

    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    以上、ママ友トラブルエピソードでした。

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼