2022.7.31

「なんで知ってるの…」SNS上で知り合いの友人。家族しか知らない”私の話”を知っていて恐怖…!

皆さんは不思議な体験をしたことはありますか…?原因がよくわからない何かに巻き込まれた、なんて経験した方も中にはいらっしゃるようです…。今回は実際に募集した「奇妙な体験エピソード」をご紹介します。

    どこでその情報を…?

    SNSで出会った女性との話です。
    その方とは直接の面識もなく、SNSのみでの関係で、とくにメッセージなどで話す事もなく、お互い「女性」という情報しか無かったはずなのですが…

    ある時、「さすが長女ですね」や、「おじいさま亡くされているからこそ、おばあさまを大切にされているのですね」など、SNSにも書いておらず、家族しか知らないことをさらっとそもそも知っていたかのようにコメントしてきました。

    「なぜ知っているのか?」怖くて一切聞けていないのですが、今でもSNSの中だけで仲良しにしています。
    ちなみにお相手の女性がたまにご自身を載せていますがまったく見覚えがありません。
    (女性/自由業)

    迷った道で辿り着いたのは…?

    息子を預けていた保育園は自宅から4キロの距離。
    園と自宅の往復にマイカーを使っていました。

    ある日、いつも使う道路が工事で通行止めに…。
    迂回したため帰り道で迷ってしまったのです。

    土地勘はなく、当時はクルマにナビもありませんでした。
    雨の日だったため、道を聞こうにも通行人は見当たらず、途方に暮れながら自宅に戻るべくひたすらクルマを走らせていました。

    すると、いつのまにか同じ道をぐるぐる回っており、どういうわけか何度も「死亡事故発生場所」の看板がある交差点にたどり着くのです。
    なんとか広い道路に出て、案内標識を頼りに見つけた駅は自宅の最寄り駅から3つも離れたところでした。

    交番を見つけて道を教えてもらったのですが、巡査が言うには「ああ、あそこね。この間ひき逃げ事故があった場所ですよ」と…。
    その時は会社に大遅刻の連絡をするのが先でしたから、お礼を言って大急ぎで自宅に戻り、出社しましたが、なんと2時間遅れの出社でした。


    出典:lamire

    あの交差点はそんな悲劇があった場所なのか…。
    道が分かったので、後日、交差点の近くに行って掌を合わせてきましたが、悲しみがまだ近くに漂っている感じがしました。

    なぜ、2時間近くも道に迷ってしまったのか?
    私が体験した不思議な話でした。
    (女性/主婦)


    不思議な出来事が偶然なのか、はたまた“何か別のもの”なのかはわかりませんが…。
    誰かが実際に体験した話には、何か奇妙な説得力がありますよね。

    以上、奇妙な体験エピソードでした。

    次回の「体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼