2022.7.21

【モヤッと】普段会話もなく交流の少ない職場の後輩。でも“ランチ”に行こうとすると突然現れて…?→「ご馳走様です♪」

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    職場のたかり後輩

    私の職場にはいわゆる「たかり」の後輩がいます。
    普段はあまり仲もよくなく、ほとんど話さないのですが、私が同期とランチに行こうとすると、どこからか現れて「一緒に行ってもいいですか」と聞いてきます。

    出典:lamire
    しかも、お会計時にはこちらが料金を払うという前に「ご馳走様です」と先手を打ってきます。
    おごるつもりもないし、こちらから誘ったわけでもないのに厚かましいと思います。

    (女性/会社員)

    お金にだらしない元カレ

    昔付き合った彼が、お金にだらしない人でした。
    財布を忘れたり失くしたり、先輩から借りたパソコンを壊して弁償したり…。

    そのたびに困って、お金を貸すのは私。
    当時まだ若く、私もお金に余裕はなかったし、好きな人が私にお金を借りるのに媚びる顔も見たくありません。

    勝手に海外旅行に行き、ほぼ一文無しで帰国し、お土産もなく私のアパートに転がり込んで「お金貸して」と言ったとき、別れようと思いました。
    今まで貸したお金をリストアップしてつきつけました。

    半年くらいかけて返してくれたのでよかったのですが、嫌な思い出です…。


    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。