2022.7.19

「元カノからお金もらえそう!余裕!」とんでもない誤爆LINEが届き、怒り心頭の私。→“仕返しの一言”を送り、元カレは大焦り!

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれる「スカッとエピソード」をご紹介します!

    ギャンブル好きの彼

    20代後半の頃、同じ職場で6歳年下の子と付き合っていました。
    勤務態度が真面目でお客様からの評判もよく「頼りないかもしれませんが、付き合ってください」という告白もかわいく思えて、交際をスタート。

    しかしいざ付き合ってみると、彼はギャンブル中心の生活で、私の財布から勝手にお金を抜いたりすることもありました。
    次第に職場も無断欠勤するようになり、仕事はクビに…。

    私とのケンカも増え、そのまま別れることになりました。
    それから1年ほど経ったある日、突然彼から連絡があり「一生のお願い。2万貸してほしい」と言われました。

    そのとき私には付き合っている人もおらず、困っているなら別にいいかと思い「いいよ」と返すと、とても感謝されて口座番号を教えられました。
    そして「お金借りるのに振り込みさせるなんて相変わらず最低だな…」と思ったその矢先、1通のLINEが。

    「元カノからお金もらえそう!余裕!」
    「まだ俺のこと好きっぽいし、頼めばもっといけるかも」

    出典:lamire
    間違えて送ってきたのだと思いますが、さすがに腹が立って「勘違いしてるかもしれないけど、もう1ミリも好きじゃないから!あと、これから銀行じゃなくて、スクショした画像を持って“詐欺に合いそうです”って警察に行くね。」と送りました。
    焦った元カレは「ほんの冗談だった」「警察は困る、勘弁して」「ごめんなさい」と連投してきたので、私は一言だけ「付き合っていたときのお金返してくださいね。こちら口座番号です」と返しました。

    よほど焦ったのか次の日にはお金が振り込まれていて、スカッとしました。
    (女性/会社員)

    偏見だらけの質問をされて…

    大学4年生のときの就活の話です。
    いろいろな企業で面接を受ける中、ある会社で圧迫面接を受けました。

    「サークル活動でバンドをやっていたということは、チャラチャラしてたり、遊んで怠惰な学生生活を送っていたんじゃないの?」という偏見だらけの質問をされ…。
    さすがに腹が立った私は、どれほど自分がバンドに本気で取り組んできたのかを話しました。

    最後に「このような偏見を持っている人がいる会社には入れません」と言って辞退し、スカッとしました。
    (男性/会社員)


    いかがでしたか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッとエピソードでした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。