2022.7.15

【誤爆】隠れて彼氏とお泊りに行く娘からの”自白LINE”「親には友人とって言った♪」

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!? 今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

    勝手にアカウントを作成

    私が中学生の頃、LINEが流行りはじめていました。しかし、スマートフォンを持っていなかった私は、友人の間で話についていくことができずにいました。そこで、母親の携帯番号を利用して、自分のタブレットで勝手にLINEのアカウントを作成しました。

    すると、すぐに友人の母親から連絡が入り、母親にバレ、酷く怒られました。
    10年以上経った今でもあの時の感情や情景をよく覚えています。

    (女性/大学生)

    娘からの自白

    子どもが中学時代の友人とお泊り会の計画を立てていた時の話。
    どこで、誰とお泊り会すると聞いており承諾していた前日。

    リビングで一緒にくつろいでいた娘が誤って私へ
    「明日のお泊り楽しみ!親には友人宅に泊まるってアリバイも作れてるよ」と誤爆。

    娘は送信取り消しを急いでしたらしいが、LINEが画面に出るよう設定していた私。
    横で互いににらめっこ(苦笑い)

    お泊りには行かせたものの、彼女は知らない。私にGPS監視されていることを・・・。


    出典:lamire

    (35歳/会社員)


    LINEで誤爆されると、相手の思わぬ一面が垣間見えたりするのではないでしょうか。

    ついつい笑ってしまうような誤爆LINE、困ってしまうLINE、様々ですね。
    以上、LINEトラブルエピソードでした。

    次回の「LINEトラブルエピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    LINEのやりとりの画像に関しては、エピソードをもとに編集部で作成したものになります。