2022.7.15

【スカッと】「着物だと体型隠せるしね~」和装モデルの私に嫌味を言う洋装モデルの女性。しかしステージに上がると”立場が一変”…!

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    モデルの仕事で…

    あるモデルの仕事をしたときのことです。
    その仕事はウェディングに関するファッションショーでオーディションがあり、そこで洋装と和装に振り分けられ私は和装をすることになりました。

    何度かリハーサルがありましたが、洋装のモデルから、明らかに差別や暴言がありました。

    「和装はメイクでカバーできる」とか「着物だと体型を隠せる」などなど…。

    出典:lamire
    確かに洋装はみんな細く、他のイベントでも活躍し場慣れしているようなモデル。
    それでも和装モデルにもプライドはありました。

    リハーサルが終盤を迎え、当日の構成が全部決まったとき、和装はステージでスポットライトを長く浴びることが出来るんだと感動しました。
    ショーの最後にはステージにみんな上がるのですが、和装組が前列で一定間隔で並ぶ姿は圧巻。

    その後ろで洋装組が少し顔を出すという形でした。

    馬鹿にしていた洋装組の彼女。
    後ろに立つ列の中でも一番端に位置しており、モデルなのに全然目立たない…その姿を見て、私は少し哀れな印象を持ちました。
    そのときに目が合ったのですが、優越感に満たされスカッとしたことは間違いありません。

    (女性/会社員)

    バカにしてきた上司が…

    私が今の会社に転職してきたころ、26歳のときの話です。

    早く戦力になりたいという一心で必死に仕事をしていたのですが、上司は私の仕事ぶりを見て「なんでそんなに遅いの。何に時間かかってるの」と、助言ではなく明らかにこちらをバカにしたような言い方で責めてきました。

    頑張っていた私にとっては、心が折れそうになる一言…
    ですがここで諦めてしまっては、自分のためにならないですし、何より悔しいです。

    私はその日から自分の仕事ぶりを徹底的に見直し、改善して、だんだんと仕事ができるようになっていきました。
    そして1年ほど経ったころ、すっかり部署内で主力になっていました。

    同じ上司から「1日何件やってる?」と聞かれたので「10件はこなしていますけど」と言ってやりました。
    その件数は事実であり、上司は「そ、そんなやってるんだ、ふーん」と明らかに動揺しているようでした。
    入社から7年が経った今では、主任として後輩の指導にもあたっています。

    (男性/会社員)


    自分の努力によって結果を出し、周りを見返すことができると、非常にスカッとしますね。
    ネガティブな状態からうまく脱出した、素敵なエピソードでした。
    以上、スカッと体験談でした。

    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。