2022.6.24

「明日家行くから!」従姉妹宛てのLINEを送ってしまったのは…“女上司”!?→「私に気があるのかしら?」あらぬ“誤解”を生んでしまい必死に弁解!

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!? 今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

    あらぬ勘違いを…

    ある日、従姉妹の家に行く用事があり前日にLINEにて明日の○○時までに家に行くから準備しておいてとメッセージを入れたのですが…。
    それがなんと会社の女性上司のLINEアカウントに送ってしまい、後々になって上司の方から「何を急にそんなLINE送ってきて、私に気があるのかしら」的な返答が来てしまい…。

    出典:lamire
    なんとか理由を話し理解をしてもらったので良かったですが、上司の方と従姉妹の名前が一緒の同名であったので寝る前にLINEをしなければよかった…と後悔しました。
    このアクシデント的なLINE誤爆があってからはその女性上司の方からはいろいろといじられることが増えました…。
    (男性/会社員)

    グループラインでお説教

    パート先ではグループラインがあって そこでいろいろな連絡が来ます。

    あるとき、説教じみたラインばかり送られてきて 携帯見るのもイヤになるくらいでした。
    この不満をパート先で仲良くしてる人に伝えようと 「もう説教しか出来ないのかね。働くのも嫌になるよ」と送りました。
    しかし…私が送ってたのは パート先のグループライン…。

    出典:lamire
    そのとき一気に目が覚めて冷や汗かきました…。
    (女性/パート)


    誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが皆さん結構な頻度でやってしまっている様子。
    宛先確認はしっかりしましょうね。

    以上、LINEトラブルエピソードでした。

    次回の「LINEトラブルエピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    LINEのやりとりの画像に関しては、エピソードをもとに編集部で作成したものになります。