2022.7.05

「110万使い込んだ…」祖父から通帳を預かっていた母。残された祖母の“生活費になるはずのお金”がとんでもないことに使われていて衝撃!

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    祖父の通帳

    祖父が亡くなったときの話です。
    私の母は祖父から通帳の管理を頼まれていました。

    残された祖母の生活費や自らの施設入所費用を払ってもらうためです。
    祖父が亡くなり、母の兄弟たちで祖母を誰が看ていくかという話になりました。

    母の弟が「預かっていた通帳にいくらお金が入っているか見せてくれ。母さん(祖母のこと)を施設にいれるかどうか考えよう」とうちの母に言いました。
    しかし母は口をつぐみ、やがて申し訳なさそうな顔をして「お金を使いこんでしまったの」と告白…。

    話を聞くと「自分の欲しいブランド品のために110万使い込んだ」とのこと。
    私はその話を聞き、母とは絶縁しました。
    (女性/専業主婦)

    出典:lamire

    飲み会

    学生時代、研究室の飲み会に参加したときの出来事です。
    たまたまその場にいたメンバー数人に声をかけて飲み会に行きました。

    1人の友人が飲む量を抑えており、体調が悪いのかと心配していたらお金がなかったみたいで、会計時に「自分は1杯しか飲んでいないし、食事の量も少ないから1000円しか出さない」と言い、1000円を置いて店を出ました。
    その場にいたメンバーで残りを割り勘しましたが、空気が悪くなってしまったので、お金がないのなら最初から来ないでほしかったです…。

    (男性/会社員)


    いかがでしたか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金に対する価値観がずれている人との付き合いは、なるべく避けておきたいですね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。