2022.6.08

【恐怖】飛行機を待つ間ベンチで寝てしまった私と友人。目を覚ますと、目の前に“見知らぬ男”がいてこっちを凝視…!

身近なところや職場などでもヤバい人やおかしな人には出会うことがありますよね。 今回は実際に募集したヤバい人エピソードをご紹介します!

    子どもの頃のトラウマ

    私が小学校6年生のときの話です。
    自転車で歯医者に行く途中、変質者に出会ってしまいました。

    前日に学校で先生が、似顔絵と乗っている車を教えてくれたそのものの人物で「駅の場所を教えてくれ」と言われ振り向くと、服を脱いだ状態で笑っていたのです。
    私は怖くて声も出ず…大人になって最近やっとそのことを話せるようになりました。

    今もその人の顔は、しっかりと覚えています。

    (女性/パート)

    目を覚ますと目の前に…

    数年前に海外旅行に行った際、乗り継ぎの飛行機が遅延して空港での待ち時間が長くなったことがありました。
    疲れていたので友人と2人ベンチで眠ってしまい、ふと目を覚ますと目の前に男の人がいてこちらをじっと見ていたのに気付きました。

    出典:lamire
    私たちが眠る前も待合スペースは広くて空いていたのでその端っこで休んでいたのですが…。
    そんな状況なのにあえて目の前に男の人がいる違和感にビックリして、慌てて友人を起こしている間に、その人はすっといなくなってしまいました。
    直接的な被害は何もありませんでしたが、得体が知れないだけに余計気持ちの悪い思いをしました。

    (女性/派遣社員)


    いかがでしたか?

    人間を見た目で判断してはならないとは言いますが、できるだけトラブルは避けたいと思うのが人間の性。
    無益なトラブルに巻き込まれる前に距離を取った方がいいのかもしれませんね…。

    以上、ヤバい人エピソードでした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。