2022.6.07

【衝撃】「会計担当と連絡がとれなくなった」100万円以上の“子ども会のお金”がほぼ全額引き抜かれ、事態は騒然!警察沙汰に!?

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    貸したお金

    それほど親密ではないママさんから「すぐに返すから1万貸して!」とのお願いされたことがあります。
    「いや、そんなすぐには貸せないよ」と言うと「明日給料はいるから!今じゃないと売り切れちゃう!!」と焦っている様子。

    明日給料日ならと、しぶしぶ貸してしまいましたが…翌日になってもお金は返ってきません。
    催促をしても「あーちょっと待ってね」と歯切れが悪い様子。

    そのまま1週間待っても全くかえってくる様子がないので、自宅まで確認しに行きました。
    ご主人が出て事情を話したところ、謝罪をしてくださいましたが、やはりお金が返ってくる様子はありません。

    どうやらアイドルの追っかけをしているらしくグッズやチケットに散財しているようで、給料が入ってもカード払いでほとんどなくなってしまっていたそうです。
    それが私にお金が返ってこない原因だったようで、もう諦めて勉強代だと思うようにしました。

    (女性/会社員)

    出典:lamire

    会計担当者が…

    町内の子ども会の役員をしていたのときのことです。
    感染症が流行する前の話なので、お祭り、運動会、バーベキュー、クリスマス会、餅つき大会など行事がたくさんあり、週末の度にその準備やらお手伝い、後片付けなどでバタバタする日々を送っていました。

    1年間の任期を終え「やっと終わったー!」と思い喜んでいたのもつかの間…。
    会長さんから連絡があり、「会計の担当者と連絡がとれなくなった」いうのです。

    役員全員が集まり事情を聞くと、子ども会の一般会計の口座の他に、子ども神輿の修繕費の積み立てをしている口座が別にあり、百数十万のお金がほぼ全額引き出されているとのこと。
    そして、会計担当者のお子さんは小学校を数日間休んでいるとのこと…その場にいた全員、顔面蒼白になりました。

    夜中にこっそり帰宅しているらしいと聞いたのですが、夜中に玄関のドアをノックしても全く応答がなかったので、きちんと説明責任を果たしてほしいということと、警察に被害届を提出するという旨の手紙を出しました。
    するとその翌日から、小学生の下校時刻に合わせて本人が道に出てきて、ブツブツ訳のわからないことをつぶやきながら、ウロウロするようになったのです。

    その後、警察・町内会・小学校を巻き込む騒動になり、一旦落ち着くまで1か月余りかかってしまいました。
    結局、引き出した現金は借金の返済にあててしまったらしく、持ち合わせのお金が全くないとのことだったので、毎月数万円ずつ返してもらうことに。

    子ども会でのトラブルだったので、子ども達に与える影響も考慮し、警察への被害届はいったん取り下げる形になりました。
    はじめのうちは毎月返金があったのですが、1年ぐらいたったある日、誰にも引っ越し先を告げずいなくなってしまいました。

    本当に迷惑な人でした。

    (女性/主婦)

    出典:lamire


    いかがでしたか?

    お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りは慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。