2022.4.27

【ママ友の嫉妬!?】「参加費高いし、センス悪い」楽しそうな私にムカついたママ友は、私のワークショップに“ケチ”を付けはじめて…!?

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんは居ませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    街の子育てイベントへ…

    子育て施設で出会ったあるママ友Aさんと仲良くなりました。
    子どもの年齢も近いということもあり、共通の話題で盛り上がったりして、街の子育てイベントに一緒に行くような仲になりました。

    ワークショップにハマり、作品を販売することに

    子育てイベントでは、子ども向けのワークショップが開かれており、工作やヘアアクセサリーづくりなど簡単なものが作れるイベントがありました。
    それはママ自身がワークショップを開くことも出来るので、楽しそうだなと思い、自分でもやってみようと思い、写真スタンドを作っていました。

    1回、2回と続けているうちに、どんどん楽しくなり、お客さんの親子が来てくれることにやりがいを感じていました。

    ママ友がケチを…

    しかし仲の良かったAさんが、私の写真スタンド作りにケチをつけてきたのです。
    「材料がすべて百均なのに、参加費が高い」「センスが悪い」などなど。

    材料はすべて百均ですが、材料代と準備代を合わせた値段しかとってませんし、利益なんて全然出ておらず、みんなが喜んでくれるからボランティアだと思ってやっていました。
    Aさんは、他のママ友にも「あの人(私)のワークショップはセンスが悪く、料金も高い」などと吹聴していることも分かりました。

    そんなウソを他のママ友に言うなんて最低だと思いましたし、友達だと思っていたのでショックでした。

    そのママ友は…

    私はどんなことを言われても好きでやっていることだし、気にしていませんでした。

    それからAさんとは、連絡も取らないようにして、誠実に今までやってきた通りにワークショップも続けました。
    Aさんはそんな気にしない私が面白くなかったのか、特に絡んでくることもなくなりました。

    あとから他のママ友に聞いた話では、私がワークショップをすることで友達が増えたり、イキイキ楽しそうにしていることがムカついていたというのです。

    自分より上にいかれるのが嫌だったんでしょうね…私はそんなママ友ならいりません(笑)
    (女性/会社員)


    いかがでしたか?
    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。