2022.4.27

ママ友「もっと察してくれなきゃ!」新しく習い事に入会した”泣き虫な女の子”。みんなでフォローしようとするも、母親の発言に…!?

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんは居ませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    習いごとで…

    子どもがまだ幼稚園児の時のことです。
    当時、リトミックのような習いごとをしていて、少人数でみんなとても仲良く和やかな雰囲気で活動をしていました。

    1人の女の子が入会して…

    ある日、1人の女の子が入会したのですが、とにかくよく泣く子でした。
    最初のうちは「すごく繊細な子なんだな、かわいらしいけどママは大変かもしれないな…」と思い、私も含めて周りのママたちはかなりその子を気遣っていました。

    泣き虫な女の子は…

    活動が進むにつれて、その子の泣く頻度はどんどん増えていきました。
    お気に入りの子の隣に座れなかった、ものを配る順番が気に入らないなど、なにかその子にとって1つでも気に入らないことが有るたびに、無言でシクシクと泣き出し、レッスンを中断させてしまうのです。

    さすがにあまりの頻度に、周りの子どもや大人は困惑する一方、当のママは我関せずといった様子でした。

    親は我関せずで周りの大人に…!?

    ある日のレッスンで、突然、そのママが「うちの子は、みんなとは違うんだから、もっと周りが色々察してくれなきゃ困るのよね」と発言し皆ビックリ。
    結局、その子は少しして退会してしまったのですが…別の習い事でも同じ事を繰り返して周囲を呆れさせていたそうです。


    いかがでしたか?
    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。