2022.4.15

ママ友「今のうちに塾にお金かけないと」勉強熱心なママ友集団の話に混ざった私。たくさんの“習い事”を薦めてくるけど実は…?

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんは居ませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    勉強熱心なママ友が…

    勉強熱心なママ友の集団に混ざるときがあって、習い事の話になりました。

    すると、「まずあなたは子どもに英語はやらせないとダメだ。今のうちに塾などお金をかけて私立の小学校を目指して、将来は大学の特待生になって、そしたら学費はかからないんだから逆に安い。女子ならピアノやバレエなどの教養がある方がいい、これからは中国語を話せる方がいい」など、こちらの金銭的な事情や子どものやる気など関係なしに、全部指示してきました。

    小学校低学年から大学の特待生狙ってるなんて、私には無理です。
    子どもには自由に選ばせてあげたいし、あなたのお子さん1週間塾ばかりで就寝時間も遅くて、学校の持ち物や宿題も忘れてるし、学校生活がしっかりできてませんよと言ってやりたかったです。
    (主婦)

    同じ塾で…

    子ども同士で同じ塾に通っていることがわかり、ママ友から「〇〇ちゃんはこの前始めたばっかりなの?それじゃあ勉強で分からないことあったら、うちの子に聞いてね」と言われました。

    高いお金払って塾に通ってるのに、何でわざわざ先生ではなく同じ世代の子どもに聞かなきゃいけないの?と、ママ友の自分の子どもは勉強が出来るマウントにイラっといました。
    (フリーランス)


    いかがでしたか?
    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。