2022.4.08

夫「お腹がすいたらお菓子でも食べればいいよ」好き嫌いの激しい娘に対し、夫が“とんでもない発言”を…!?<夫に対してイラっとした瞬間>

皆さんは旦那さんのちょっとしたことにでもイラっとしてしまった経験はありますか? 一緒に暮らしているからこそ、些細なことでも気になってしまうものです…。 今回は「夫に対して最強にイラっとした瞬間エピソード2選」をご紹介します。

    偏食気味な夫

    うちの娘は好き嫌いが激しく、保育園ではなんとか食べてくるのですが、家では好きなものしか食べません。
    もうすぐ小学生になり、給食も始まるので色々と食べれるようになって欲しいのですが、夫は「食べたいものだけ食べればいいよ」「お腹がすいたらお菓子でも食べればいいよ」と言うのです。

    それだと余計に食べなくなるし、バランスよく食べてほしいと思っているので、夫にも「協力してほしい」と言ってみたのですが、夫本人が偏食傾向にあり、ご飯とカップ麺などでお腹が膨れさえすればいいと思っている人なので、何度説明しても理解してもらえず…。
    そんな娘はいまだに、家では肉類を食べてくれません。

    (女性/専業主婦)

    マイペースなパパ

    我が家のパパはマイペース。
    おでかけの日は前の日から「〇時に出発するから◯時には起きてね」と、ここまで言わないと起きません。

    私は、子どものスケジュールも考えていつも行動しているのに…。
    特に小さい子がいたらなおさらです。

    ご飯の時間は何時ごろで、何を食べさせるか、お昼寝の時間、色々なことを考慮して予定立てているのに、パパが起きてこない、起きてものんびり準備、私だけバタバタ。
    子どもの準備をしていてまだ髪もボサボサ、スッピン状態…。

    一方パパは自分の準備が終わったら「いつでも行けるけど?」と私の準備待ちオーラを出してきます。
    おでかけの時はだいたいイラっとしてから出発しています。

    なんだかんだおでかけはやっぱり楽しくてイライラも忘れちゃうんですけどね。

    (女性/専業主婦)


    皆さん旦那さんが原因でイラっとしてしまった経験は多々あるようです…。
    こうならないためにも、日々お互い思いやりの心を忘れないようにしましょうね。

    以上、夫にイラっと体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。