2022.4.08

【ドン引き】「毎月の間違いでは…?」ダニアレルギーを発症してしまった息子。保育園に布団の洗濯頻度について尋ねると、“衝撃の回答”が…!

幼かった我が子も成長し、保育園、幼稚園へと入園。 そんな喜びも束の間、ママ友との交流、園での謎ルール、しつけの強要などなど…園トラブルに悩む人も…!? 今回はそんな皆さんの投稿から、「娘の頬の傷」「保育園の布団」をご紹介します。

    娘の頬の傷

    娘が転園する前に在園していた保育園の話です。

    仕事が終わり、娘を迎えに行ったら右頬に5~6cm程のミミズ腫れがついていました。
    自分でひっかいたのかと思っていたのですが、担当をしていた保育士の方が言うには「カバンを振り回した際にこのキーホルダーの角が当たったみたいで、傷になってしまいました」との事。

    当時、娘のカバンに、私がプラバンで作ったキャラクターのキーホルダーを付けていたのですが、鋭利な場所は削ってあるのと、再度確認しましたが、顔に傷がつく可能性は極めて低かったのです。

    おそらく、保育士は現場を見ていなくて、気づいたら傷がついていたんであろうと思いました。
    それならそうとちゃんと説明してくれたら良かったのに、誤魔化して娘が悪いような言い方をされたことに、今思い出してもモヤモヤします。

    おかげさまで、当時2歳でついた傷は5歳になった今でも痕になってしまいました。
    (女性/派遣社員)

    保育園の布団

    ある日、子どもに湿疹が出て、病院に行くとダニアレルギーと診断されました。

    家中の絨毯も布団も変えても治らないので、「保育園にお昼寝布団はどのくらいの頻度で干していますか?」と聞いたところ、「”毎年”干してます」と言われました。

    「それって、毎月の間違い!?」と言ったら翌年から、布団がなくなりました。

    ダニはやっぱり、保育園の布団だったようです…。
    (女性/会社員)


    いかがでしたか?

    園生活では、様々なトラブルが起きているようですね。
    大事な子どもを預けているのだから、しっかりしてほしいものです…

    以上、保育園・幼稚園トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。