2022.4.08

【常識なさ過ぎ…】「もったいないから使って!」義母に戸籍謄本を持ってきてもらった私。しかしどこか“違和感”が…これって!?

みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    いつの戸籍謄本!?

    確定申告に必要な書類を義母に用意してもらわないといけなくなりました。

    市役所に行き、義母の母である義祖母の戸籍謄本が必要と言われ、私がその書類を手に入れるにはややこしいとわかり、義母にお願いしました。
    すると義母はすぐに義祖母の戸籍謄本を持ってきてくれました。

    こんなに早くすみませんとお礼を言いながらその場でちょっと確認すると何か違和感が…。
    義母は「家にあったからもったいないから使って!」と言い、帰ってじっくり見てみると、9年前の戸籍謄本でした。

    せめて1年間以内にしてくださいと税務署から言われてしまいました…。
    (パート)

    常識を押しつけられて…

    「ミルクを子どもに飲ませてあげるから作って」と言われミルクを作りました。

    お湯とお水半々で作り、渡したところ、「ちょっと冷たいんじゃない」と言う義母。

    カチンときたので、「普段はもっと冷たい麦茶飲ませてますよね?」と言ったら、「ミルクは温かいものが普通なんだ」と言われました。
    私が作ったミルクはそこまで冷たくはなかったのに…自分の常識を押し付けないで欲しいです。
    (主婦)


    いかがでしたか?

    こんな義母と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    子どもの為にも義実家とはいい関係でいたいものです…。

    以上、義実家トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。