2021.11.10

人の前に立つのは苦手かも?【心理テスト】で分かる!あなたに“不向きな職業”とは

あなたは今の職業が自分に合っていると思いますか?今回は、心理テストであなたに「不向きな仕事」を診断します。仕事を楽しくできる理由も、意欲を持てない原因もわかるかもしれませんよ。ぜひチェックしてみてください。

Q:あなたはひとつだけ魔法を使えます。次のうちどれを選びますか?

A:透明人間になる
B:時間を止める
C:惚れ薬を作る
D:空を飛ぶ

A「人の前に立つ仕事」

Aの「透明人間になる」を選んだあなたは、目立つのが苦手なタイプ。
そのため、不向きな職業は「人の前に立つ仕事」といえるでしょう。

教師や司会業など、たくさんの人の前で話す仕事はあまり向いていないようです。
とはいえ、コミュニケーション能力は持っているあなた。

1対1や少人数など、限られた人と関係を深めるような仕事は向いているかもしれません。
自分が目立つよりも、影でサポートする役割で力を発揮できそうです。

B「自分のペースでできない仕事」

Bの「時間を止める」を選んだあなたは、「自分のペースでできない仕事」が向いていないようです。
ペースを乱されるのが苦手なので、サービス業など多くの人と関わるような仕事は不向きでしょう。

相手の都合に合わせる必要がある職業だと、ペースを乱されあなたの能力を発揮できない傾向にあります。
ひとりで黙々と、マイペースに作業できるような仕事が合っているでしょう。

C「イレギュラーなことが起こる仕事」

Cの「惚れ薬を作る」を選んだあなたは、「イレギュラーなことが起こる仕事」は向いていないようです。
段取りがきちんと決められている仕事や、手順が決まっている仕事が向いているでしょう。

予期しないことが起こるなど、そのときの状況に応じて高い柔軟性を求められる仕事は苦手な傾向にあります。
大きな変化が起こりやすい環境だと不安になるかもしれません。

D「ルーティーンワークの仕事」

Dの「空を飛ぶ」を選んだあなたは、「ルーティーンワークの仕事」が不向きなようです。
好奇心旺盛で、仕事においても刺激や新鮮味を求めるタイプ。

そのため、同じ作業を繰り返す仕事は不向きと言えるでしょう。
またデスクワークなど、屋内で同じ姿勢で行う仕事にも強いストレスを感じそうです。

あなたに不向きの職業は?

心理テストで不向きな職業を診断してきましたが、思い当たることはありましたか?
就職や転職の際に、ぜひ参考にしてくださいね。

監修:NOTE-X

常に誰かと一緒にいたい!?【心理テスト】で分かる「寂しがり度」