LIFESTYLE

2021.7.20

「塩対応」の正しい意味とは?塩対応する人の特徴や由来を解説!

「塩対応」ってなにげなく使っている人もいますが、正しい意味や使い方は理解できていますか?そういわれると自信がない…!なんて人のために、今回は「塩対応」の正しい意味と使い方をご紹介していきます。

    「塩対応」の意味

    それではまず、「塩対応」の意味を確認していきましょう。「塩対応」は塩を使って何かの対応をするということではありませんよ!これは「そっけなく、愛想のない接し方をする」という意味になります。カンタンに説明すると「しょっぱい」対応をするという意味合いになりますよ。「しょっぱい」という言葉には、味の塩辛さのほかにも、表情などから不快さが表れている様子を意味していることもあるんです。今まで意味が理解できていなかった人も、これで正しい意味が分かったのではないでしょうか。では実際に使うとどうなるのかチェックしていきますよ。

    「塩対応」の使い方

    「塩対応」を実際に使うと「あのアイドルはいつも塩対応で感じが悪い」「あの人は塩対応だから、なんとなく声をかけづらい雰囲気がある」「塩対応のときもあれば、甘えてくるときもあってギャップがすごい」などとなります。批判的なニュアンスで使われることもありますが、必ずしもそうではないので前後の言葉との兼ね合いで読み取ったり使ったりすることが大切ですよ。今まで使っていた人は、正しく使えていましたか?

    「塩対応」の由来・成り立ち

    それでは最後に「塩対応」の由来や成り立ちについてご紹介していきますよ。「塩対応」は相手が不快感を覚える態度や対応をする「しょっぱい対応」から変化していったとされているんです。冒頭でもご紹介したように、しょっぱいには対応などへの不快感を表す意味合いも含まれています。そして、「しょっぱい」というと「塩」になるので「塩対応」という言葉になったとされているんですよ。もともとはアイドルがそっけない対応をしていたことでファンがそのアイドルに対して「塩対応」という言葉を使っていたことから広まったんです。

    「塩対応」、人にはしちゃだめ!

    今回は「塩対応」という言葉についてご紹介しました。「塩対応」は使うことがあっても、使われる立場になるのはよくないかもしれません…!ぜひ「神対応」を心がけてみてくださいね。

    「飯テロ」ってどういう意味?知っておきたい《正しい意味と使い方》