秋コーデはここで差がつく!今っぽおしゃれな”ベルト使い”をマスター

秋コーデを簡単かつ手軽におしゃれっぽくアップデートしたいなら「ベルト使い」をマスターすべし。ベルト1本で意外といつものコーデをイメチェンできちゃいますよ♡効かせ役にしたりコーデになじませたり、ちょっとしたテクニックを取得しておけばグッと差がつく!

ベルト使いで秋コーデのおしゃれ度アップ

アウターにベルトマークした女性出典: ZOZOTOWN

少し雰囲気を変えたい&いつもコーデをおしゃれにアップデートしたいなら、ベルトをプラスオンしてみましょう!コーデのアクセントとして使う、もしくはバランスを取るためになじませる。この2パターンのテクニックを取得しておけば、秋コーデに差がつくかも。

 

 

 

存在感を主張してコーデの”効かせ役”に大抜擢

存在感を出したいなら、少し大きめのタイプや柄ものを選んでみるとGOOD。コーデのアクセントになってくれるので、一気にメリハリのつくスタイルが完成するはずです。

 

 

アウターの上から装着

普段普通に着ているアウターの上から、ベルトをつけてあげると一気にこなれ感が出ておしゃれなコーディネートにアップデートされること間違いなしです。この時のベルトは、少し太めのものがちょうどいい。

 

トレンチコート×ベルトのコーデ出典: WEAR

パジャマっぽいチェックのパンツ×ちょいおじ感のあるステンカラーコートのリラックスコーデに、がっつりと太ベルトを装着するとモダンなスタイルに格上げされます。足元はショートブーツでキメれば、重たくなりすぎないコーデが叶います。

 

ミリタリコート×ベルト出典: WEAR

ミリタリージャケット×デニムのカジュアルコーデは、ゴールドの金具がついたベルトを選んで少し大人っぽい雰囲気を漂わせて。そのままのコーデだとベーシックすぎるけど、ベルトが入ることでワザありスタイルにクラスアップします。

 

 

トップスにレイヤード

ネクストステップは、トップスにベルトを装着するスタイル。ボトムスのベルト通しを通さずにベルトをつけることで、目線が上がってスタイルアップ効果も期待できちゃう。

 

白シャツのコーデ出典: WEAR

王道ホワイトのシャツブラウス×デニムのコーデには、あえてスポーティーなテープベルトをチョイスすることでシンプル過ぎを回避できます。ベルトは無造作に垂れ流したスタイルがおしゃれ見え!シャツは少し後ろに抜いた着こなしが今っぽくて◎

 

ボーイッシュコーデ出典: WEAR

BIGサイズのスウェットと薄めカラーのデニムを合わせればボーイッシュな印象のコーデに。そのままだとかなりメンズっぽすぎてしまうので、細めのベルトをレイヤードしてメリハリを出してみて。普通に巻くのではなく、ポイントのある巻き方がおすすめ。

 

 

こんなものがおすすめ

スウェード太ベルト出典: ZOZOTOWN

スウェードの太ベルトにスムースレザー(合皮)がレイヤードされたこのベルトは、それぞれ別でも使えるのが嬉しい2wayタイプ。上品な素材感のおかげで、このベルトを合わせれば大人っぽい印象をGETできそう。アウターの上はもちろん、ゆったりのワンピースの上から装着するのもアリですよね。

 

レオパード柄のベルト出典: ZOZOTOWN

シンプルコーデが多い人におすすめなのが、柄入りのベルト。トレンドのレオパード柄を選べば、楽してコーディネートにメリハリをつけられちゃいます。ハラコタイプなら、高級感も演出できる。

 

 

 

服のように”なじませて”ほんのりおしゃれ

服のようにベルトをなじませて、コーデのバランスを保ったり盛り上げ役になってくれるのはシンプルめなデザイン。いい意味で主張のないアイテムを選ぶのがポイントです!

 

 

服の色と揃えて

服の色味に合ったベルトを選べばコーディネートに馴染みつつ、スタイルにメリハリをつけてくれるはず。意外とベルトがあるのとないのでは、印象がガラッと変わってきますよ。

 

ベージュトーンのコーデ出典: WEAR

ベージュトーンで揃えたこのコーデには、もちろんベージュのベルトを身につけてみて。ベルトに1番濃いベージュを持ってくることで、自然とメリハリがつきます。存在感のあるキャッチーなパープルの巾着バッグはアクセントにぴったり。

 

カーキパンツのコーデ出典: WEAR

ドットブラウスの色味に合わせて黒のベルトをベイカーパンツに装着することで、ちょっとスパイスの効いたコーディネートに仕上がります。ブラウスが女性らしいデザインなので、足元はあえてスニーカーでカジュアルダウンした着こなしがGOOD。

 

 

華奢のものをこっそりとON

細めのベルトを使うことで、女性らしいコーディネートの手助けをしてくれます。頑張りすぎていないけど、手抜き感が出ない絶妙なコーデが完成。

 

飲み物を持ったコーデ出典: WEAR

デニムとムートンコートのちょい甘コーデには、黒の細ベルトがぴったりです。トップスをしっかりとINして着こなすのがポイント。小物をベージュで統一したら女性らしく見えるコーデに仕上がります。

 

ベージュブラウスのコーデ出典: WEAR

ジャガード織りの柔らかいブラウスは、黒デニムと合わせてかっこよくコーデしてみて。滑らかな革のベルトは子供っぽくなりがちなガチャベルトでも、大人っぽく使えるのが嬉しいポイント。足元はショートブーツで合わせたら、秋っぽスタイルにぴったりです。

 

 

こんなものがおすすめ

細ベルト ぞぞ出典: ZOZOTOWN

このベルトはリバーシブルの作りで、濃いめカラーと薄めカラーの2色が楽しめるのが贅沢なデザインが特徴。コーデによって使い分けできる1本で2役の優れものなんです!

 

 

 

ベルト使いをマスターしてもっとおしゃれ見え

カーキニットにベルトマークした女性出典: ZOZOTOWN

たかがベルト、されどベルト。さりげないファッションアイテムだけど、あるのないとじゃ大違いなくらいコーデに差がつきます。普通に巻くだけではなく、最近はちょっと遊んだ巻き方が旬なので、同じベルトでもいろんなアレンジをして楽しんでみてくださいね!

 

[記事公開日]2018.11.06

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県