腕の組み方

どっちが下になる?腕の組み方で分かるあなたの【性格診断】

[記事公開日]2021.5.18

無意識のうちに腕を組んでしまうことってありますよね。そんなとき、あなたは左右どちらの腕を下にして組みますか?今回は腕の組み方から脳のクセを読み解き、あなたの性格をチェックしていきますよ。

4回腕を組み、一番近いものを選んでください。

A:ほとんど左腕が下になった
B:ほとんど右腕が下になった
C:左右どちらの腕も下になる

診断で分かること:「腕の組み方から読み解く性格診断」
人間の体の動きには、脳が大きく関係しています。具体的には、左脳が体の右側を、右脳が体の左側を動かしています。
このテストでは腕の組み方から脳のクセを読み解き、性格を診断していきます。

A:几帳面で論理的思考が強いタイプ

ほとんど左腕が下になったというあなたは、几帳面で論理的思考が強い左脳タイプとなっています。
頭もよく、ものごとを客観的に判断することが多いのではないでしょうか。
理屈っぽいとまわりに思われることもありますが、それはあなたの思考力が高いことを意味しています。

几帳面なことは大切ですが、完璧を目指しすぎないように注意してみてくださいね。

B:感受性が豊かな繊細さんタイプ

ほとんど右腕が下になったというあなたは、感受性がとっても豊かな繊細さんタイプとなっています。
感覚的にものごとをとらえることが多いので、ちょっとしたことでナーバスになるなんてことも少なくありません。
感情に左右されてまわりが見えなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、そんな感性の強さはビジネスや長所に生かせる武器になることも。

感情を自分でコントロールできるようになると、感性の鋭さを十分に生かすことができるようになりますよ。

C:どちらも兼ねそろえた器用さんタイプ

右腕、左腕どちらも下になったというあなたは、右脳も左脳もバランスよく使うことができる器用さんタイプとなっています。
感覚的にものごとを捉えることもあれば、客観的に判断ができることもあるでしょう。
器用な一面をいかすことで、周囲との信頼関係も築きやすいはずですよ。

どちらかに偏ってしまっているときは、一呼吸おいてみて。

脳タイプを知れば長所も生かしやすくなる!

あなたはどんな性格でしたか?脳のクセを知ることで、自分の性質についても詳しくなることができます。
自分を理解して、周囲も羨む素敵な人を目指してみて♡

(監修:NOTE-X)

最強運の持ち主《星座×血液型》金運が強いランキングTOP5

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事