私服でもおしゃれに!”浴衣着ない派さん”の夏祭り・花火大会コーデ

地元のお祭りに花火大会、7・8月は夏のイベントが目白押し!急なお誘いもあるかもしれません。私服で十分だとも思うけれど、いざとなると何を着て行けばいいのか悩みますよね...。今回はそんな"浴衣着ない派さん"に向けたお祭りコーデをご紹介します。

浴衣着ない派さんのお祭り・花火大会コーデ♡

お祭りには私服で!と言ってもいつもと同じような格好だとお祭りの雰囲気に合わないし、気分も盛り上がりません。ちょっぴりおしゃれして、せっかくなら浴衣に見劣らないぐらいのファッションを楽しみたいですよね。

ブラウンのノースリーブワンピースにドットチュールサンダル、ミニトートバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

また、お祭りは暑い中歩いたり立ち続けたりと疲れが溜まるものでもあります。おしゃれかどうかだけでなく、快適に過ごせるかを考えることも大切です。大人女子にぴったりなお祭り・花火大会コーデ、参考にしてみてください♪

 

 

 

ちょい女っぽく楽しむ♡お祭りワンピコーデ

お祭りコーデをちょい女っぽく楽しむならワンピースがおすすめ。一枚でコーデが完成するから楽だし、存在感もあってお祭りムードにぴったりなんです!浴衣に負けないツヤっぽコーデをワンピースで手に入れましょ♡

 

黒のドットワンピースにバレエシューズ、かごバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

夏らしいドット柄ワンピースをサラッと。黒のワンピースは大人の魅力を引き出します。かごバッグを合わせると涼しげな雰囲気がプラスされてGOOD♪素足にバレエシューズを合わせて上品に仕上げましょ。

 

ブルーのティアードワンピースにスポサン、シルバーのショルダーバッグを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

ブルーの色味のきれいなワンピースは人混みの中でも目を惹きます。スカート部分がティアードタイプのものは歩くたびに揺れてエレガントです。足元はスポサンで楽チンに、アクセントにシルバーのバッグを投入!

 

黒のワンピースにビーサン、ベージュのキャップ、ウエストバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

女性らしいワンピースとビーサンのギャップのある組み合わせが◎きちんと感のあるワンピースも一気にカジュアルへと落とし込めます。キャップとウエストバッグを合わせてスポーツミックスさせるとおしゃれです。

 

黒のTシャツワンピにストローキャスケット、ウエストバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

もっとカジュアルに着こなしたいならTシャツワンピでもOK。ストレスフリーな着心地で、汗をかいてもあまり気になりません。バッグや個性ある帽子でカジュアルコーデを格上げさせて。

 

 

 

動きやすさ重視なら楽チンパンツコーデ

何よりも動きやすさを重視するならパンツコーデが一番です。椅子がなくて地べたに座らないといけない状況になっても、パンツなら安心ですよね。涼しい素材を選ぶとより快適で楽チン♪

 

白のプリントTにデニムパンツ、サコッシュ、キャップ、サングラスを合わせたコーデ出典: WEAR

いつものデニムパンツでお祭りコーデを作るなら、ヴィンテージライクなプリントTをトップスに、足元はスポサンで歩きやすく。ボーイッシュなコーデはできるだけゆったりと、こなれ感たっぷりに着こなすのがおしゃれです。

 

白のノースリーブトップスにベージュのタックワイドパンツ、黒のショルダーバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

きれいめパンツで大人のお祭りコーデを叶えましょ♡落ち感のある素材でゆったりカジュアルに着こなすことができます。白のノースリーブトップスに、レザーのショルダーバッグを合わせると清潔感があって◎

 

アニエスベーのロゴTにドットパンツ、かごバッグ風巾着を合わせたコーデ出典: WEAR

ドット柄のかわいらしいワイドパンツはサラッとした素材で履き心地も爽やか。シンプルにTシャツを合わせてリラックス感たっぷりなおしゃれコーデを楽しみましょ。かごバッグ風の巾着バッグがユニークです♪

 

白Tにブラウンのハーフパンツをベルトで締め、クリアバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

涼しくおしゃれに履くならハーフパンツもおすすめです。Tシャツをインして着ればシンプルながらも今年らしいコーデに仕上がります。クリアバッグは中身が見えるのも気にせず、そのまま物を入れてラフに使ってみたいです。

 

 

 

お祭りムードにちょうどいい!華やかスカートコーデ

カジュアルなトップスを合わせれば程よく華やかに楽しめるスカートコーデも外せません。ワンピースよりも控えめで、パンツよりも女性らしく楽しめるお祭りにはちょうどいいアイテムです♡スカートはできるだけ丈長めをチョイスして大人っぽく着こなしましょう。

 

ライトベージュのロゴTにマーメイドシルエットの花柄スカート、巾着バッグを合わせたコーデ出典: WEAR

小花柄のきれいなスカートはマーメイドラインでシルエットまで美しくキマります。ビッグサイズのTシャツを合わせてこなれた印象で着こなして。巾着バッグでお祭りムードも一気に増します。

 

白のフレンチスリーブTにグリーンのプリーツスカート、かごバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

きれいなグリーンが印象的なスカートはたくさんのプリーツで女性らしさ満点!フレンチスリーブトップスを合わせるとグッと上品さが引き立ちます。安定感のあるウェッジソールサンダルなら歩きやすくてGOOD。

 

白Tにオレンジのリネンタイトスカート、サコッシュバッグを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

パキッとしたオレンジのスカートもお祭りなら抵抗なく履いて行けちゃいます。なだらかなAラインでシルエットは控えめに。主役級のスカートを履いて行くならバッグはサコッシュやウエストバッグでカジュアルに持ってきて。

 

グリーンのTシャツに黒のラップスカート、迷彩のクラッチバッグを合わせたコーデ出典: WEAR

タイトスカートは落ち着いた雰囲気があってしっとりとした雰囲気が作りやすいです。Tシャツをトップスに合わせたら足元はビーサンでとことんラフなのが今っぽくておしゃれ。クラッチバッグを片手に余裕たっぷりにお祭りに出かけましょ。

 

 

 

ちょっとおしゃれないつも服でお祭りに行こ♪

ベージュTシャツにドットスカートの女性出典: WEAR

いつも着ているアイテムでも、涼しげな夏小物を投入してみたり足元をサンダルに変えてみたりと、ちょっと工夫を入れることでグッとお祭りムードなコーデに仕上がります。お祭りの雰囲気や動きやすさなども考慮しつつ、楽しくコーディネートしてみてくださいね!

[記事公開日]2018.7.27 [最終更新日]2018.8.01

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県