ずるいなぁ…♡男性の心を掴む「愛され女子のLINEテク」とは?

[記事公開日]2020.11.20

短文で気軽にやり取りできるLINEが主流となった今、彼の心を掴むなら従来のメールとはまた違ったテクニックで挑むべし♡これを受け取った彼は「キュン」としてしまうに違いありません。世の中の「愛され女子」は、こんな「LINEテク」を使っている!

「お疲れ様」などの労いLINE

男性がキュンと心をくすぐられるLINEは、やっぱり「お疲れ様」と労ってくれるメッセージなんです♡彼の仕事が終わったタイミングでそのメッセージを見るように送るのが効果的です。家でくつろいでいそうな遅めの時間に送るといいかも。1日働いて疲れたあとに、ふと携帯を見てみると「お疲れ様」のLINEが入っていたとき、顔もほころぶこと間違いなしです!

否定的な言葉を使わない

会話の内容が楽しいものだったとしても、「何か嫌だ」と感じさせる原因になってしまうのが「否定」です。相手を否定することはないと感じている人でも、「けど」や「でも」という言葉は日常的に使うことがあると思います。そんな些細な言葉でも、その「何か嫌だ」というものは積み重なっていってしまいます。男性がとても気持ちよく思えるやり取りは、そういった否定の言葉がないやり取りです!「この子とのやり取りはいつも楽しい」と男性が感じるようになるんです。そこで「でも〇〇だよね」と言いたくなったときには、「私は〇〇だと思うよ」という言い方に変えるのがLINEのモテテクニックです♪

忙しそうなときはLINEを終わらせる

忙しいときにはLINEを返さない男性が多いですが、そんな中でも気がある女性や彼女に対してはなかなかそれができないことも。そういうとき、モテる女子は雰囲気を察知して自らLINEを終わらせます!LINEをしないということが、反対に彼の心を掴むテクニックになるんです♡LINEでのやり取りを強制しない姿勢や、男性を気遣って終わらせる心遣いに男性はグッとくるに違いありません。カップル間のやり取りでも、長くラブラブでいるために効果的ですよ。

甘めな言葉は遅い時間に

人が人肌恋しくなるのは、ひとりきりの空間になったときです。実家で暮らしている男性でも、寝るときや家でくつろいでいるときは、自室でひとりきりでいることがほとんどだと思います。「会いたい」や「好き」という気持ちを伝えるような甘めのLINEは、そういう人肌恋しいひとりきりの時間を狙うのがGOOD◎。

LINEひとつで彼のハートを掴めちゃう♡

連絡ツールとして主流になったLINEは、使い方次第で彼との距離が離れる原因になることもあれば、距離をグンッと縮めることもあります。LINE特有の短文でのやり取りという部分を生かして、彼のハートをグッと掴んじゃいましょう。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事

宅食バナー