ブラウンフレアスリーブVネックワンピースと黒ショルダーバッグに黒サイドカットブーティを合わせた女性

ぽっこりお腹の人気おすすめコーデ20選|気になるお腹をカバーする着こなし術を紹介

[記事公開日]2020.9.23

年齢を重ねると気になってくるのがぽっこりお腹です。ぽっちゃりややせ型など体型を問わず筋肉がついていない限り、多くの人が抱えている悩みです。食事の後などは特に気になる。そんなぽっこりお腹を気にならなくするかわいい着こなし術をご紹介します。

目次

もっとみる

夏のおすすめぽっこりお腹コーデ

薄着になる夏は、ぽっこりお腹には大敵の季節です。お腹のラインを見せないようなコーディネートにしましょう。

グレーグリーンシフォンTシャツワンピース×マクラメバッグ×シルバー厚底サンダル

グレーグリーンシフォンTシャツワンピースとマクラメバッグにシルバー厚底サンダルを履いた女性出典: WEAR

ウエストの締まりがないストンと落ちるデザインのワンピースなら、暑い夏に1枚で着てもお腹が目立ちません。

白フレアシャツワンピース×黒フレアパンツ×シルバーストラップサンダル

白フレアシャツワンピースと黒フレアパンツにシルバーストラップサンダルを履いた女性出典: WEAR

お腹の位置がわからないくらいボリューム満点のフレアシャツです。パンツもフレアでゆったりなので、色を黒にして引き締めましょう。

モノトーンギンガムチェックキャミワンピース×ラウンドネック黒Tシャツ×黒ベルトサンダル

モノトーンギンガムチェックキャミワンピースとラウンドネック黒Tシャツに黒ベルトサンダルを履いた女性出典: WEAR

ノースリーブのキャミソールで、ふんわりとお腹まわりに余裕をもたせて。ブラックを基調にしたコーディネートで、全体的に引き締まって見えます。

白ディープスリットロングTシャツ×スキニージーンズ×黒ベルトサンダル

白ディープスリットロングTシャツとスキニージーンズに黒ベルトサンダルを履いた女性出典: WEAR

ぽっこりお腹の大敵であるスキニージーンズですが、ロングTシャツなら気になりません。大胆なスリットが入っているので、ワンピースのように軽くなびいて涼しげです。

白ロングオーガニックコットンTシャツ×ベージュワッフルワイドパンツ×シルバーリボンパンプス

白ロングオーガニックコットンTシャツとベージュワッフルワイドパンツにシルバーリボンパンプスを履いた女性出典: WEAR

シンプルな白の上下ですが、ゆったりデザインなのでお腹が目立ちません。ヘアメイクに目立つ色やアクセサリーを取り入れて、目線を上に集中させるのがポイントです。

秋のおすすめぽっこりお腹コーデ

ニットなどぴっちり感のある素材を着るときには、羽織りものやボトムスを工夫しましょう。

ハイゲージワイドリブクルーネックプルオーバー×グレーチェックエプロンオールインワン×黒ショートブーツ

ハイゲージワイドリブクルーネックプルオーバーとグレーチェックエプロンオールインワンに黒ショートブーツを履いた女性出典: WEAR

ぴっちりしたシルエットのニットでも、ゆったりオールインワンならお腹のラインが目立ちません。

ゆるハイネックニットプルオーバー×ランダムプリーツスカート×ブラウンローファー

ゆるハイネックニットプルオーバーとランダムプリーツスカートにブラウンローファーを履いた女性出典: WEAR

ゆったりしたデザインのニットプルオーバーで、お腹の凹凸を隠します。あえてスカートからニットの裾を出すことで、気になるお腹をカバーしましょう。

グレー起毛裏毛スタンドプルオーバー×フラワー柄プリントスカート×ホワイトスニーカー

グレー起毛裏毛スタンドプルオーバーとフラワー柄プリントスカートにホワイトスニーカーを履いた女性出典: WEAR

たっぷりとしたスカートは下半身のラインが曖昧になるので、ぽっこりお腹には向いています。トップスも量感のあるプルオーバーを選べば完璧です。

ブラウンフレアスリーブVネックワンピース×黒ショルダーバッグ×黒サイドカットブーティ

ブラウンフレアスリーブVネックワンピースと黒ショルダーバッグに黒サイドカットブーティを合わせた女性出典: WEAR

お腹の位置を曖昧にするには、ワンピースの長さのバランスも大事です。フレアスリーブのデザインで目線をお腹から外しましょう。

グリーンワイドスリーブシアーワンピース×ベージュワイドスラックス×ストレッチフラットサンダル

グリーンワイドスリーブシアーワンピースとベージュワイドスラックスにストレッチフラットサンダルを履いた女性出典: WEAR

ワイドスリーブのデザインで、たっぷりと布地を使ったワンピース。スラックスとのコーディネートでキレイなAラインになっており、お腹まわりが気になりません。

冬のおすすめぽっこりお腹コーデ

冬はアウターで隠せると気を緩めがちですが、イベントや食事の機会なども多いので気を付けましょう。

黒ビッグスリーブプルオーバー×白ニットタイトロングスカート×黒ローカット厚底スニーカー

黒ビッグスリーブプルオーバーと白ニットタイトロングスカートに黒ローカット厚底スニーカーを履いた女性出典: WEAR

ざっくりとした編み方のニットなら、タイトスカートでもお腹のラインをごまかせます。さらにフレアスリーブで上半身全体をふわふわさせて。

ブルーオーバーサイズプルオーバー×グレーチェックベルトパンツ×黒フラットスニーカー

ブルーオーバーサイズプルオーバーとグレーチェックベルトパンツに黒フラットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

太目の糸でざっくり編んだプルオーバーとゆったりパンツがあれば、ぽっこりお腹には完璧なコーディネートになります。黒のスニーカーで引き締めて。

ブラウンビッグカラーコート×黒タートルネックロングワンピース×黒ブーツ

ブラウンビッグカラーコートと黒タートルネックロングワンピースに黒ブーツを履いた女性出典: WEAR

ストンと落ちるまっすぐなラインのロングコートは、お腹を隠してくれる安心アイテムです。縦に長いシルエットでスタイルアップできます。

ブラウンタートルネックロングワンピース×グレーレギンス×リボン付ボルドーパンプス

ブラウンタートルネックロングワンピースとグレーレギンスにリボン付ボルドーパンプスを履いた女性出典: WEAR

しっとりと濃いブラウンがニットの凹凸を曖昧にしてくれるコーディネートです。リボン付きのパンプスで目線を足元にもっていきましょう。

黒オーバーサイズタートルプルオーバー×モノトーンギンガムチェックフレアスカート×黒足袋ブーツ

黒オーバーサイズタートルプルオーバーとモノトーンギンガムチェックフレアスカートに黒足袋ブーツを履いた女性出典: WEAR

ざっくり感満載のプルオーバーはぽっこりお腹の強い味方です。ギンガムのスカートで軽さがプラスされ、黒いブーツですっきり感も得られます。

春のおすすめぽっこりお腹コーデ

濃い色から明るく淡い色へと変化していく春は、ぽっこりお腹が目立ちやすい季節。デザイン選びがポイントになります。

白アシンメトリーラップワンピース×セミブーツカットスラックス×アウトソールスパンブーツ

白アシンメトリーラップワンピースとセミブーツカットスラックスにアウトソールスパンブーツを履いた女性出典: WEAR

アシンメトリーのデザインが個性的なワンピース。自由に着られてお腹も隠しやすいデザインです。

白Vネックプルオーバー×ベルト付きデニムタイパンツ×白厚底ベルトサンダル

白Vネックプルオーバーとベルト付きデニムタイパンツに白厚底ベルトサンダルを履いた女性出典: WEAR

分厚いプルオーバーとゆったりパンツで、ウエストのラインにわざとボリュームをもたせて曖昧にしました。厚手のトップスは体のラインを拾わないので安心です。

マリンボーダーTシャツ×ブラウンサルエルパンツ×黒ローカットスニーカー

マリンボーダーTシャツとブラウンサルエルパンツに黒ローカットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

お腹まわりに目立つ柄を持ってくるのも、ぽっこりお腹をごまかす手段のひとつ。ボーダーの錯覚で、お腹が出ていても目立たなくなります。

白レースワンピース×カーキパンツ×黒ショートブーツ

白レースワンピースとカーキパンツに黒ショートブーツを履いた女性出典: WEAR

透け感のあるレースアイテムも、意外と体のラインが目立ちません。ワンピースや羽織ものに取り入れると、いろいろなコーディネートに役立つはずです。

ベージュロゴ入りパーカー×デニムフレアロングスカート×ロゴ入り黒スニーカー

ベージュロゴ入りパーカーとデニムフレアロングスカートにロゴ入り黒スニーカーを履いた女性出典: WEAR

ゆったりしたラインのパーカーなら、ぽっこりお腹をうまく隠せます。胸元に大きな柄やロゴのあるものを選んで、目線を上にもっていきましょう。

まとめ

全体的にゆったりとしたデザインのものがぽっこりお腹には向いていますが、ぴっちりしたものでも厚手素材なら大丈夫。ほかに目線をもっていかせるなど、ごまかしのテクニックも使えます。いろいろと工夫を重ねて、ぽっこりお腹をカバーできるスタイルを探してみましょう。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事