白のトップスに白いストールを巻いた女性

30秒でできるストールの巻き方をマスター!春コーデにひと工夫を♡

[記事公開日]2017.5.22
[最終更新日]2017.10.12

コーデのアクセントにもなってくれるストールは、温度調整の難しい春に1枚持っておくと便利ですよ。今回はそんなストールの巻き方をまとめてみました。巻き方によってイメージが変わるので、コーデのテイストで使いわけることができるとおしゃれ上級者になれちゃうかも♡

アフガン巻き【春ストールの巻き方】

アフガン巻きはおしゃれで存在感がありますが、巻き方が簡単なんです!Tシャツやブラウスなどのシンプルなスタイルに合わせることで、こなれ感のあるコーデにすることができますよ。マフラーや大判のスカーフでもできるので、ぜひ覚えておきたい基本の巻き方です。

色味の少ないシンプルなコーデに、派手色をアクセントとして取り入れるのもいいですね。海外セレブの着こなしでも多く見かけるアフガン巻きは、大人っぽいクールな印象を与えてくれます。シャツの襟を出すアレンジもマネしたい!

首に一周巻き付け、裾を三角になるように入れ込んだら完成です。ストールを半分に折りたたみ、三角の部分が前になるように首に一周させ、裾を結ぶという方法もあります。こちらは写真の方法よりも存在感のある巻き方になります。

八の字巻き【春ストールの巻き方】

八の字巻きは、スヌードのようにふんわりと巻きたい方におすすめです。ストールの裾が邪魔になることもありませんし、ストールやマフラーを息苦しく感じる方でもこの巻き方なら大丈夫かも♪細長いシルエットになるので、縦ラインを強調して細く見せてくれる効果もありますよ。

ネイビーとグレーという重めなカラーリングのコーデも、白系のスカーフを取り入れることで顔周りを明るくしてくれますね。ラフな印象の八の字巻きは、ガーリーコーデにもクールにも合わせることができますよ。

スカーフの裾を結び、首に掛けます。それを八の字にしてもう一度かぶるだけです。裾を結ぶことで、ストールのようになるので簡単にできる巻き方です。柔らかい素材のストールの方が巻きやすいですよ。

この記事もチェック

ねじり巻き【春のストールの巻き方】

シャツやアウターに合わせるのにおすすめの巻き方が、ねじり巻きです。首元がはだけるのを防止してくれますし、顔周りにボリュームが出るので小顔効果も期待できそう。襟付きアイテムのコーデで、ちょっと物足りないと思ったときに取り入れたい巻き方です。

襟を出すように首に一周巻き、できた円の中に裾を入れ込みます。お好みでキツさを調節してください。首に巻く前にストールを幅を出さないようにまとめておくと、キレイなシルエットでねじり巻きをすることができますよ♪

一重巻き【春のストールの巻き方】

シンプルで定番の一重巻きは、大人っぽい印象です。ラフに巻いた感じがこなれ感がありますし、どんなテイストのコーデにも合わせやすくて◎ボリュームのあるストールでざっくり巻くのがおすすめです。

裾が前になるように一周首に巻き付け、できた円の中に片方の裾を入れ込みます。簡単ですが崩れにくいですし、ボリュームもあってコーデのアクセントにもなってくれます。

一結び【春のストールの巻き方】

一結びは、首に密着するので防寒性の高い巻き方です。コンパクトにまとまりますし、存在感があるのでアクセントになってくれそう。長めのストールに向いている巻き方ですが、短めのアイテムでこじんまり巻くのも可愛いですよ♡

黒トップスに赤ストールの女性出典: WEAR

首元が閉まっているので、襟がないトップスのコーデに合わせるのがおすすめ。上からアウターを合わせてもかさばりません。長めのストールだとトップスを覆うほどボリュームがあるので、無地のブラウスコーデでも華やかな印象にしてくれます。

裾が前になるように一度首に巻き付け、垂らした裾を結びます。首の近くで結ぶとボリュームが出るので小顔効果が期待できますし、結び目に余裕を持たせてもこなれ感がありますよ。とにかく崩れにくいので、風の強い日でも安心です!

アウター風【春のストールの巻き方】

ストールの肩掛けに一工夫してアウター風に着こなすのもおしゃれ♡ストール1枚でアウターにもなってくれるなんて嬉しいアレンジですよね。大判のアイテムを使った、カーディガン・ポンチョ風の巻き方をまとめてみました。

ストールを肩から掛けてベルトで挟み込めば、カーディガンのようですね。オールホワイトのシンプルコーデも一気に華やかにしてくれます。ベルトを細身にするとキレイめな印象に、太めだとクールにキマりますよ。

ポンチョ風ストール巻きの女性出典: ZOZOTOWN

こちらは巻き付けたポンチョ風のアレンジです。羽織るように肩から掛け、片方の裾を首元に入れ込みます。ズレないようにクリップやブローチで止めてもいいですね。パーティードレスのボレロ代わりにも◎

白のトップスに白いストールを巻いた女性出典: ZOZOTOWN

いかがでしたか?ストールの巻き方とポイントをご紹介しました。同じストールでも巻き方によって印象は変わるので、コーデのテイストによって使い分けられるといいですね。シンプルスタイルのアクセントとしても、冷房の効きすぎたお店での防寒対策としても活躍してくれるストールをぜひ取り入れてみてください♪

この記事もチェック

PICK UP

ファッションのピックアップ記事