「漱ぐ」=「そぐ」じゃない…?読めたらスゴイ!《さんずいの難読漢字》

[記事公開日]2020.9.15

「漱ぐ」という漢字、なんと読むか分かりますか?実はこれ、みなさんも意外によく使っている言葉ですよ♡今回はこの「漱ぐ」という漢字についてご紹介していきます♪

「漱ぐ」ってなんて読むの?

「漱ぐ」ってなんて読むか分かりましたか?ヒントは外出をして帰ってきてからまずすることです…!なんとなくわかった人もいるのではないでしょうか?正解は「すすぐ」でした…!よく使っているなんて方も多いですよね。しかし、漢字で書いてあるのを見たり、漢字で書いたりすることはほとんどないので、知らないという方は意外と多いんです。次はこの「漱ぐ」の意味や由来をご紹介していきますよ♡

「漱ぐ」の意味は?

「漱ぐ」はヒントにもあったように「口を水でゆすぐ」ことを意味しています。このほかにも「名文を口ずさんで味わう」などの意味がありますよ…!うがいの意味以外で使うことは少ないので、ほかの意味があることを初めて知ったという方もいるのではないでしょうか…!

「石に枕し流れに漱ぐ」ってなに?

実は「漱ぐ」を使った言葉には「石に枕し流れに漱ぐ」「石に漱ぎ流れに枕す」ということわざがあります。「石に枕し流れに漱ぐ」の意味は、「寝るときには転がっている石を枕にして、起きると川の水を使って口を洗う」ことを意味しています。「石に漱ぎ流れに枕す」は意味が大きく異なり「自分の間違ったことを認めない、屁理屈を言う」ことを表しています。

「すすぐ」と読む漢字はたくさんある…!

実は、「すすぐ」と読む漢字はいくつか存在しています。「漱ぐ」のほかにも「濯ぐ」「雪ぐ」などがあります。「濯ぐ」は「漱ぐ」と同じで、「汚れを水で落とす」などの意味があります。「雪ぐ」はまったく違う意味で、「不名誉や汚名を、ほかの名誉や功績でなかったことにする」などとなっています。同じすすぐでも、表している意味はこんなに違うんです…!

「漱ぐ」はよく使う言葉でした…!

「すすぐ」は日常生活の中でもよく使う言葉でしたね…!外に出るといろんな菌をもらってきてしまっていることもあるので、家に帰ったらまずは手洗いうがいをして、しっかりと口の中も漱いでくださいね♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事