サラッとまとって♡Tシャツ×デニム×羽織りで過ごす初夏コーデ

[記事公開日]2019.5.30
[最終更新日]2019.5.31

初夏は、Tシャツとデニムにサラッと羽織りをプラスしてみて。昼間は暑くても、朝晩や冷房の効いた屋内などまだまだ活躍してくれるはず♡リネンジャケットやカーディガン…そんなお気に入りのアイテムでTシャツ×デニムをおしゃれに格上げしちゃいましょう!

初夏はTシャツ×デニムに羽織りをONが気分です

白Tにデニムを合わせて、カーキのシャツを羽織った女性

出典: WEAR

夏になったらとことん楽しみたい、Tシャツ×デニムのカジュアルコンビ。でも、春と夏の変わり目のこの時期は、Tシャツ1枚だとちょっぴり寒いことも…。そんなときは、羽織りものをコーデにプラスするのがおすすめ。朝晩はもちろん、ほんのり冷え込む梅雨どきやキンキンに冷房が効いた屋内など、薄手の羽織りはこれからもまだまだ大活躍してくれそうですよ!

 

 

 

リネンジャケットなら涼しげ

かっちりとした印象のジャケットは、初夏コーデには暑苦しそう?それなら、ぜひリネン素材に注目してみて。通気性の良いリネンを使ったジャケットは、とっても涼しげ。しかもナチュラルな風合いが、Tシャツ×デニムコーデにこなれた大人の余裕を添えてくれるんです♡

 

白Tに薄色デニムを合わせて、ベージュのリネンジャケットを羽織った女性

出典: WEAR

白T×薄色デニムの超ベーシックな組み合わせに、ベージュのリネンジャケットをプラス。それだけでコーデのグレードが1ランクUPします。レザー素材の巾着バッグや大ぶりのアクセサリー、パンチのあるゼブラ柄のパンプスなど、小物づかいにも大人のこだわりを見せちゃいましょ。

 

プリントTシャツにフレアデニムを合わせて、グレーのレーヨンリネンジャケットを羽織った女性出典: BAYCREW’S

しなやかさと上品な光沢を持つレーヨンとリネンとの混紡生地を使ったノーカラージャケットは、チャコールグレーでも清涼感たっぷり。ボーイズライクなプリントTとフレアデニムにさらりと羽織れば、とびきりクールな着こなしが完成します。

 

 

 

薄手のカーディガンが使える!

Tシャツの羽織りと言えば、思い浮かぶのはやっぱりカーディガン。カラーや素材、丈感などバリエーションが本当に豊富だから、お気に入りを数枚持っておくと本当に使える♪かさばらない薄手のタイプなら、バッグに忍ばせておいても邪魔になりませんよ。

 

白Tにデニムを合わせて、モカブラウンのワッフルカーディガンを羽織った女性

出典: ZOZOTOWN

モカカラーのカーディガンは、ぽこぽことしたワッフル地とたぽ袖がとってもキュート。着丈が短いから、ボリュームのあるワイドデニムもバランスよく着こなせます。白TをデニムにINしてコンパクトにまとめると、よりスッキリとした印象に♡

 

パープルのTシャツにデニムを合わせて、ホワイトのベルト付きカーディガンを羽織った女性

出典: WEAR

ほんのりくすんだパープルのTシャツに、優しいアイボリーホワイトのハイゲージカーディガンを羽織って。共地のベルトでゆるくウエストマークすれば、こなれ感も抜群。かたちのきれいなテーパードデニムを合わせて、カジュアルな中にもしっとりと女っぽさを薫らせてみるのはいかが?

 

白Tにデニムを合わせて、透け素材の黒のロングカーディガンを羽織った女性出典: WEAR

初夏に羽織るロングカーディガンは、軽やかな素材をチョイスするのがポイント。シアーに透けるリネンライクな生地なら、黒でも重たくありません。白Tと薄色デニムのさわやかな組み合わせにサラッと羽織ったら、夏らしいメルカドバッグをプラスしてシーズンムードを盛り上げて。

 

 

 

シャツをラフに羽織って

初夏のこの時期に1枚で着てもいいシャツは、羽織りものとしてもとっても優秀。しかもTシャツ×デニムコーデにサラッと羽織れば、生真面目にボタンをとめて着るときとは違って、程よくラフな印象の着こなしが楽しめちゃうんです♡

 

白のチビロゴTに薄色デニムを合わせて、チェック柄のシャツを羽織った女性

出典: WEAR

ロゴTシャツ×デニムコーデにチェックシャツを羽織る着こなしは、幼く見えがちなのが気になるところ。悪目立ちしないチビロゴを選んだり、きれいめに持てるレザー素材のリュックなど大人っぽさをキープできる小物を足すのがマストですよ。

 

白Tシャツにブラックデニムを合わせて、ベージュのリネン混シャツを羽織った女性

出典: ZOZOTOWN

涼しげなレーヨンリネンのシャツは、まろやかなベージュや前後差のある着丈がこなれ感満点。白Tとブラックデニムの淡いモノトーンコーデにさらりと羽織れば、シンプルだけれど洗練された着こなしに仕上がります。

 

 

 

ガウンをまとえばこなれ感UP

リラクシーな着こなしがトレンドの2020年春夏。ゆったりとまとうだけでこなれ感を演出できるガウンも、Tシャツ×デニムコーデの羽織りとして見逃せません。かつて大人気だったテロンとした生地の花柄ガウンより、適度にハリのあるシンプルなデザインのものの方がイマっぽく着こなせそうですよ。

 

白のロゴTシャツにデニムを合わせて、パープルのガウンを羽織った女性

出典: BAYCREW’S

だぼっとルーズなシルエットと大きめのロゴがカジュアルなTシャツと、裾が切りっぱなしになった薄色デニムの組み合わせ。そんなボーイズライクな着こなしに、ほんのり甘いパープルのガウンがさりげない女っぽさをプラスしてくれますね。

 

黒Tにデニムを合わせて、ストライプ柄のガウンを羽織った女性

出典: ZOZOTOWN

羽織ったガウンの上から、ベルトでウエストマークするのもGOOD!かすれたようなストライプ柄と凸凹のある生地がナチュラルなリネンガウンに、Tシャツのカラーとリンクする黒いベルトを効かせれば、コーデをキリッと引き締めることができちゃいます。

 

 

 

ワンピースも羽織っちゃいましょ

前開きのワンピースも、ガウンのように羽織ってみて。おしゃれに仕上げるポイントは、長め丈をチョイスすること。凛とした印象のシャツワンピースや、フェミニンなカシュクールワンピースなど、とっておきのワンピでTシャツ×デニムコーデをブラッシュアップしちゃいましょう!

 

白Tにデニムを合わせて、ベージュのシャツワンピを羽織った女性

出典: WEAR

たっぷりとしたマキシ丈のシャツワンピースを抜き襟気味にゆるっと羽織るだけで、白T×デニムのシンプルコーデもグッとこなれて見えちゃうから不思議。この春夏、シャツワンピースは羽織りものと認識した方がいいかもしれませんね♡

 

白のロゴTにデニムを合わせて、黒のワンピースを羽織った女性

出典: WEAR

バンドカラーのシャツワンピースは、襟元のラインが丸くなる分、普通のシャツワンピースよりもどこかガーリー。しかもノーブルなネイビーなら、ロゴTシャツにラフに羽織ってもカジュアルになりすぎません。足元をスニーカーからヌーディ―なパンプスに換えて、ちょっぴりきれいめにシフトしてみて。

 

白Tにデニムを合わせて、カーキのカシュクールワンピを上から重ねて着た女性

出典: WEAR

ふんわりとしたシルエットが女性らしいカシュクールワンピースは、そのまま無造作に羽織ってもいいし、共布のリボンをキュッと結んでシルエットにメリハリを出しても◎。Tシャツとデニムに合わせることで、ワンピースの甘さを程よく抑えることができますよ。

 

 

 

Tシャツ×デニムコーデを羽織りで格上げ♡

Tシャツデニム羽織りコーデの女性出典: WEAR

シンプルなTシャツ×デニムコーデを、おしゃれにブラッシュアップしてくれる羽織りもの。春から夏へと季節が変わるこの時期ならではの着こなしを、とことん満喫してくださいね!

PICK UP

ファッションのピックアップ記事