BIGサイズがキー!デニムジャケットが秋コーデのこなれ感を加速させる

さっと羽織れて即おしゃれにキマるデニムジャケットは秋コーデの必須アイテム!いつもより更に今っぽさを加速させたいなら"BIGシルエット"に注目してみて。どんなアイテムに合わせてもこなれた雰囲気に仕上げてくれる、優秀アイテムなんです。

秋コーデにはBIGサイズのデニムジャケットが必須なんです!

https://wear.jp/iku1227/13005109/

出典: WEAR

秋のコーディネート作りに欠かせない定番アイテムといえばデニムジャケット。特に今っぽいのは、簡単にこなれ感を出すことができる”BIGサイズ”なんです!今回は程よいこなれ感と適度なユルさが魅力のデニムジャケットコーデアイデアを4つご紹介していきます。

 

 

 

トレンドニットパンツとあわせてゆるく着こなして

今期イチオシアイテムのニットパンツと合わせれば一気に旬な着こなしに。さりげないメリハリ付けで大人っぽい仕上がりを叶えて。

 

https://wear.jp/axxbabyx/11888583/

出典: WEAR

何にでも合うブラックのニットパンツなら、思いっきりオーバーサイズのデニムジャケットを選んでも大丈夫!ヴィンテージライクなデニムとミニマルな印象のパンツとのコントラストがこなれ感を演出してくれます。足元はローテクスニーカーですっきりとまとめるのが◎

 

https://wear.jp/ktksi501/11998323/出典: WEAR

サイズ大きめのデニムジャケットは、横から見たシルエットも立体的で洒落ポイントになってくれます。ぼやけて見えがちなライトグレーのパンツをチョイスするなら、キャップやサングラス・ネットバッグなど小物を盛りまくって全体にメリハリをつけることを意識して!ジャケット着丈短めが全体のバランスが取れやすいですよ。

 

 

 

タイトスカートもデニムジャケットで今年顔に変わる

レディ要素の強いタイトスカートこそデニムジャケットで味変えしてほしい!女っぽアイテムとカジュアルアイテムの組み合わせは鉄板ですが、BIGサイズのルーズなシルエットを取り入れることでよりこなれ度がUP。

 

https://wear.jp/sszz9981/11984195/

出典: WEAR

ノンウォッシュのデニムジャケットには柔らかいグレーのタイトスカートがぴったり。キャップも同じ色味を合わせることで統一感が出ます。スカートのスリットから覗く脚が女っぽ度を上げてくれるから、ゴツめのスニーカーでとことんハズしても問題なし!きちんと感はバッグでさりげなく取り入れて。

 

https://wear.jp/norinori27/9234041/出典: WEAR

ずるっと肩の落ちたサイズ感のデニムジャケットなら、スウェットを中に着てもすんなりと着こなせるのが嬉しい!上半身を古着感のある組み合わせにするなら、スカートから下はキレイめにまとめるのが子供っぽくならない秘訣。ブラック&ホワイトでシックにまとめてデニム×スウェットの快活さを際立たせたスタイルに。

 

https://wear.jp/misato36/10779513/出典: WEAR

スリット入りのタイトスカートなら着るだけで抜け感を取り入れることができるので足元はなんでもOK。ゆったりとしたサイズ感のデニムジャケットを加えてこなれた雰囲気も後押し。帽子とスニーカーをグレーで合わせて引き締まったコーディネートを目指してみて!

 

 

 

いいとこ取りならチェック柄ボトムスで叶えて

トラッドな雰囲気が秋ムードにぴったりなチェック柄ボトムス。軽い雰囲気のデニムジャケットと合わせてデイリーコーデにアップデートさせてみませんか?

 

https://wear.jp/sanki0102/11665998/出典: WEAR

ワイドシルエットが今っぽさ満載なパンツには、ラフな雰囲気のデニムジャケットをセレクト。きれいめカラーよりもヴィンテージ感の強いものを選ぶことでグッと洒落た印象になります。インナーはシンプルなタートルネックやリブニットを合わせて、あくまで”デニムジャケットだけ”とことんカジュアルにするのがキモ!

 

https://wear.jp/misato36/10846524/

出典: WEAR

足首に向かって細くなっていくテーパードパンツには、定番ブルーデニムのデニムジャケットを合わせたクラシカルな着こなしがおすすめ。オーバーサイズのジャケットならかっちりしすぎずに着ることができます。

 

https://wear.jp/mg3ts/13142342/出典: WEAR

洒落感が増すチェック柄のスカートはキャップとスニーカーでハズすのがポイント。メンズサイズのデニムジャケットは袖もだぼっと太めなので、自然と華奢な身体つきに見えちゃうのも嬉しい。思いっきり着くずして、大人らしいメンズライスコーデに格上げ。

 

 

 

定番黒スキニーは小物使いでイマドキに!

一人一本はマストなブラックのスキニーパンツ。定番のアイテムは小物で旬度をアップさせるのがお決まりです。ルーズなジャケットとタイトなボトムスでリズム感のあるシルエットを叶えて!

 

https://wear.jp/yuriel/12289748/

出典: WEAR

着丈長めのデニムジャケットは、気になる腰回りもカバーしてくれつつ、モノトーンコーデの上にさっと羽織るだけでサマになります。上半身に重心を集めて、ボトムスは引き締め効果のある黒スキニーにすれば完璧シルエットコーデになりますよ。ところどころに抜け感を取り入れてくれる白を取り込んで、軽さGETも忘れずに。

 

https://wear.jp/cana143nalpla/11994327/出典: WEAR

深めのVネックが女性らしいボーダーカットソーの上から羽織るデニムジャケットは、ギャップがあって逆に女っぽい!膝に入ったダメージや絶妙な足首見せで男の子っぽくなりすぎないカジュアルコーデを目指してみて♡

 

https://wear.jp/ari0818m/9445860/出典: WEAR

タイトなスキニーを境目にして、上半身と足元にボリュームを出すのもアリ。たっぷりとしたデニムジャケット&立体感のあるスニーカーでスタイリッシュなコーディネートを完成させてみては?

 

 

 

BIGなデニムジャケット、この秋ヘビロテすること間違いなし!

ビッグデニムジャケットを着た女性出典: ZOZOTOWN

どんなアイテムにも合うデニムジャケット、この秋はBIGシルエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?

[記事公開日]2018.9.21 [最終更新日]2018.9.23

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県