いつもはカジュアルだけど…秋は”ちょいフェミ”コーデもいいかも♡

いつもはカジュアルコーデ派。だけどロマンチックなアイテムが増える秋はなんだか甘めなテイストも気になる。たまには気分転換に”ちょいフェミコーデ”を楽しんでみませんか?ほんの少しのフェミニン要素なら抵抗なく、コーデの気分を変えられるはず♡

秋だから気になっちゃう”ちょいフェミ”コーデ

ちょいフェミコーデトップ出典: WEAR

他の季節よりもロマンティックなムードが漂う秋。カジュアル派さんも、たまにはちょいフェミコーデにトライしてみたくなりませんか?フェミニンコーデではなく、少しだけその要素を取り入れたスタイルなので、普段系統が違う人でも気軽に楽しめちゃいますよ!

 

 

 

トップスはデコルテ見せで”ちょいフェミ”

まずはトップスだけチェンジしてみましょう。少しデコルテ部分が広めに開いたデザインを取り入れてみて。ボトムスはパンツでもスカートでもOK!いつものカットソーやTシャツとはかなりイメチェンになりますね。

 

ハートネックのコーディネート出典: WEAR

首元をきれいに見せてくれるハートネックデザインのニット。太めで表情のあるリブニットは、ちょいファミ感が程よいですよね。ボトムスはコットン地のグルカスカートと合わせれば、カジュアル要素も忘れないコーディネートに。

 

デコルテ見せのフェミコーデ出典: WEAR

黒を基調にしたこのコーディネート。セミオフショルダーのトップスは絶妙なデコルテ見せに成功しています。オフショルダーよりも露出が少なくて上品なセミオフショルダーは、大人女子に愛されるアイテム。

 

 

 

スカートはタイトシルエットで”ちょいフェミ”

スカートのシルエットは、タイトスカートで決まり!がっつりフェミニンな印象がつくのを避けたい人は、フレアよりタイトがおすすめ。色や柄にも注目して、フェミニンっぽさをゆるく演出してみましょう♪

 

ベージュのワントーンコーデ出典: WEAR

トーンがきれいに揃ったグラデーションコーデは、ボタンがアクセントになったスカートをチョイス。ボタンがついていなかったらただのシンプルカジュアルなスカートですが、ポイントがあるおかげでかわいげがプラスされます。靴や小物は、シルバーで統一してあげると大人っぽさがいい感じにまとまりますよ。

 

タイトスカートのコーデ出典: WEAR

すっきりとしたシルエットで長すぎないミディ丈がちょうどいいタイトスカート。季節感を出したいなら、秋柄の王道チェックを選んでみて。足元は白ソック+マスタードの靴、バッグは赤色のコンビがレトロっぽさも追加してくれるので、レトロフェミニンなスタイルに仕上がります。

 

ブルーのコーデュロイスカート出典: WEAR

コーデュロイのタイトスカートはちょいフェミ意識で、淡めのカラーをチョイス。切なさが残るアイスブルーと暖かみのあるコーデュロイのバランスが絶妙。ざっくり編みのショートカーディガンを合わせて今っぽく着てみてください。

 

 

 

レースはブラウンチョイスで”ちょいフェミ”

レースものはフェミニンコーデのヒロイン的な存在です。ちょいフェミコーデをするなら、甘くてロマチックな白よりもかっこよくキマる黒よりも、ナチュラル感のあるブラウンをセレクトするのが正解です。トップスもボトムスもレースはブラウンで。

 

ブラウンレースのコーデ出典: WEAR

可憐なフラワーレースをあしらったプルオーバータイプのトップスは、胸元のスカラップカットやキャンディスリーブがロマンティック。でもブラウンなら、甘さの調節が可能なので扱いやすいですよ。デニム合わせでコーデのバランスを整えましょう。

 

ブラウンレースのコーデ出典: WEAR

少し透け感のあるレースブラウスは、ベアワンピの上から着てみましょう。インナー問題も解決できてワンピはスカートとして使えるので、コーデの幅も広がること間違いなし。足元はスニーカーでハズしてあげるとGOOD!

 

レーススカートのコーデ出典: WEAR

上品で可憐なレースのタイトスカートは細身なシルエットなので女性らしく見せてくれます。起毛感があるフラワープリントは立体感があって高見えしそう。コーディネートとしては、潔く黒のタートルネックで合わせてあげるのがいいかもしれません。

 

 

 

バレエシューズで足元だけ”ちょいフェミ”

足元だけ変えるなら、バレエシューズがちょいフェミっぽい。素肌履いても、靴下を入れてもかわいいバレエシューズは何にでもあって優秀かも。

 

バレエシューズのちょいフェミコーデ出典: WEAR

パーカー×ジャンスカでカジュアル感満載のこのコーディネート。ボリューム感のあるパーカーは、バランスの取りやすい丈短めタイプを選んでみて。足元だけは、白ソックス+バレエシューズでちょいフェミっぽく。

 

ちょいフェミコーデ 出典: WEAR

チュールとプリーツの2枚仕立てのスカートは、たくさん歩きたくなるような動きがあるのが魅力的。合わせるバレエシューズは存在感のあるグリッターデザインのものをセレクトするとコーデにアクセントがつく。キラキラっと光るアイテムはいくつになっても女子心をくすぐりますよね。

 

ちょいフェミコーデ バレエシューズ出典: WEAR

チェックシャツ×デニムには、モカブラウンのバレエシューズを。デニム以外のアイテムは、ブラウン系で作られた優しいコーデはちょいフェミにぴったり。ヘアスタイルはきれいにまとめて、大人っぽさも残しておいて。

 

 

 

たまには良いかも!フェミニンコーデ

ブラウンワンピースの女性出典: WEAR

少しだけフェミニン要素を取り入れた、ちょいフェミコーデならトライしやすくないですか?気分転換にぜひこの秋、試してみてくださいね♡

[記事公開日]2018.10.16 [最終更新日]2018.10.19

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県