M-65のおすすめレディースコーデ20選|かわいく自由に着こなせる上級アイテム

[記事公開日]2020.7.22

    男性的なエッセンスをいつものファッションに取り入れたいときには、M-65を取り入れてみましょう。ミリタリーアイテムの1つで無骨なデザインをしています。M-65 をコーディネートするなら、着こなしの例を知っておくと便利です。

    目次

    もっとみる

    M-65のおすすめカーゴパンツコーデ

    M-65カーゴ-パンツは、無骨になりすぎないようにコーディネートをするのがコツです。そのためにも女性らしいアイテムを取り入れて柔らかさを表現します。

    M-65 ワイドカーゴパンツ×ビッグシルエットTシャツ×フラットシューズ

    M-65 ワイドカーゴパンツとビッグシルエットTシャツにフラットシューズを履いた女性出典: WEAR

    M-65をカーゴパンツはバレエシューズと組み合わせれば、女性らしさを演出できます。またカットソーを合わせるときにはバスクシャツで大人っぽさを演出できます。

    M-65ワイドカーゴパンツ×サーマルプルオーバー×ローカットスニーカー

    M-65ワイドカーゴパンツとサーマルプルオーバーにローカットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

    スニーカーやショルダーバッグと組み合わせると、きれいめなカジュアルスタイルを実現できます。各アイテムのデザインはシンプルなものにするのがコツです。

    M-65 ワイドカーゴパンツ×チェスターコート×ニットキャップ

    M-65 ワイドカーゴパンツとチェスターコートにニットキャップを履いた女性出典: WEAR

    ボーイッシュさを意識するなら、チェスターコートとスニーカーを組み合わせます。程よくカジュアルな見た目にできるので気軽に小キレイさを意識したいときに使えます。

    M-65 カーゴパンツ×プリントTシャツ×ローカットスニーカー

    M-65 カーゴパンツとプリントTシャツにローカットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

    定番の組み合わせといえば、スニーカーとTシャツです。M-65と合わせて肩の力を抜いたラフなスタイルを作れます。

    M-65 ワイドカーゴパンツ×ライダースジャケット×タートルネックニット

    M-65 ワイドカーゴパンツとライダースジャケットにタートルネックニットを履いた女性出典: WEAR

    ライダースジャケットやスニーカーと組み合わせると、より無骨なスタイルを作れます。ベレー帽などで外せば無骨すぎないようにアレンジも可能です。

    M-65のおすすめモッズコートコーデ

    M-65モッズコートはメンズライクなアイテムなので、カジュアルなアイテムと組み合わせてラフに着こなすのがポイントです。

    M-65 ライナー付きモッズコート×ストレートデニムパンツ×スニーカー

    M-65 ライナー付きモッズコートとストレートデニムパンツにスニーカーを履いた女性出典: WEAR

    モッズコートとカットソー、デニムを組み合わせるとボーイッシュな見た目にできます。デニムパンツでラフさが強調されるので、肩の力を抜いたスタイルが作れます。

    M-65モッズコート×スウェットチュニック×ワイドストレートデニムパンツ

    M-65モッズコートとスウェットチュニックにワイドストレートデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

    モッズコートにスニーカーをあわせてロンドンのモッズスタイルが完成します。デニムパンツを組み合わせると、よりボーイッシュでラフさを強調できます。

    M-65モッズコート×ミリタリーベレー×ローカットスニーカー

    M-65モッズコートとミリタリーベレーにローカットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

    ベレー帽とトートバッグを、モッズコートに合わせてかわいいスタイルを演出できます。柄付きや大きめのトートバッグを選ぶことによってラフさも出せます。

    オーバーサイズM-65モッズコート×Vネックボーダーカットソー×キャミサロペットパンツ

    オーバーサイズM-65モッズコートとVネックボーダーカットソーにキャミサロペットパンツを履いた女性出典: WEAR

    ミリタリーワークを融合させるならコースにサロペットスニーカーを合わせましょう。定番のスタイルなので違和感なく着こなせる、ラフさもあるので着こなしやすいです。

    ビッグシルエットM-65モッズコート×ワイドハイネックニット×ワイドストレートデニムパンツ

    ビッグシルエットM-65モッズコートとワイドハイネックニットにワイドストレートデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

    モッズコートにニットを合わせて、女性らしい柔らかさを表現できます。さらにデニムパンツを合わせるとラフさもプラスできるので試してみましょう。

    M-65のおすすめフィールドコートコーデ

    無骨なスタイルのM-65コートは、ラフさを意識してコーディネートをするのがコツです。

    M-65 フィールドコート×ビッグロングTシャツ×サイドスリットデニムパンツ

    M-65 フィールドコートとビッグロングTシャツにサイドスリットデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

    フィールドコートにTシャツと、デニムパンツを合わせるとラフなキレイめスタイルが完成します。女性らしさを表現するなら、肩からかけるタイプのポーチを合わせましょう。

    M-65 フィールドコート×リブパンツ×ローカットスニーカー

    M-65 フィールドコートとリブパンツにローカットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

    動きやすさとラフさを重視したのがリブパンツとミリタリージャケットの組み合わせです。さらにスニーカーを履くことによってボーイッシュさも付け加えることが可能です。

    ビッグシルエットM-65 フィールドコート×Vネックプルオーバー×スキニーデニムパンツ

    ビッグシルエットM-65 フィールドコートとVネックプルオーバーにスキニーデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

    スキニーデニムと、フィールドジャケットを組み合わせると小キレイなスタイルを作れます。さらにスニーカーを履くによって、ラフでカジュアルな外しができます。

    M-65 フィールドコート×テーパードパンツ×フラットシューズ

    M-65 フィールドコートとテーパードパンツにフラットシューズを履いた女性出典: WEAR

    シンプルなカットソーやパンツと組み合わすとラフさを強調することができます。パンツのサイズはやや大きめにすれば、女性らしいかわいいスタイルを作れます。

    M-65 フィールドコート×リブワンピース×スニーカーサンダル

    M-65 フィールドコートとリブワンピースにスニーカーサンダルを履いた女性出典: WEAR

    ワンピースを組み合わせると女性らしいスタイルを作ることができます。足元はスニーカーを履くことによりラフさも作れるので、いい具合にスタイルを崩すことが可能です。

    M-65のおすすめライナーコーデ

    M-65ライナーコートは大人っぽい上品なアイテムです。そのためスタイリッシュさや、きれいめなアイテムと合わせてきれいめに着こなすのがコツです。

    M-65ライナーキルトコート×オフタートルニットワンピース×スニーカー

    M-65ライナーキルトコートとオフタートルニットワンピースにスニーカーを履いた女性出典: WEAR

    ライナーキルトコートはキレイめスタイルにマッチします。そこで小キレイなアイテムと合わせて、大人っぽさを演出しましょう。

    M-65ライナーキルトコート×ニットプルオーバー×チノテーパードパンツ

    M-65ライナーキルトコートとニットプルオーバーにチノテーパードパンツを履いた女性出典: WEAR

    M-65ライナーキルトコートはセーターに合わせて上品に着こなします。足元はバレエシューズをあわせることによって、より大人っぽさを演出できます。

    M-65ライナーキルトコート×レギンスパンツ×バレエシューズ

    M-65ライナーキルトコートとレギンスパンツにバレエシューズを履いた女性出典: WEAR

    ライナーキルトコートはレギンスと合わせるとアクティブな見た目にできます。足元はバレエシューズを合わせて、ちょっと上品にしましょう。

    M-65ライナーキルトコート×ニットプルオーバー×スキニーデニムパンツ

    M-65ライナーキルトコートとニットプルオーバーにスキニーデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

    スキニーデニムとライナーキルトコートを合わせると、スタイリッシュな見た目にできます。足元にパンプスを合わせてフォーマルさも演出できます。

    M-65ライナーキルトコート×オーバーサイズボリュームニット×スキニーデニム

    M-65ライナーキルトコートとオーバーサイズボリュームニットにスキニーデニムを履いた女性出典: WEAR

    スキニーデニムとバレエシューズを合わせると、スタイルをよく見せることが可能です。ライナーキルトのサイズが大きいので下半身を細く見せたいときに便利です。

    まとめ

    ミリタリーアイテムは無骨なアイテムなので、女性向けのアイテムやラフなアイテムと組み合わせましょう。ミリタリーアイテムと関連性のないアイテムと組み合わせることによって、無骨さを和らげる事ができるため違和感なく着こなせます。

    ※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

    PICK UP

    ファッションのピックアップ記事