フリースコーデおすすめ20選|年代別で暖かくおしゃれなスタイルを一挙紹介

[記事公開日]2020.7.20

冬に大活躍するフリースはどちらかといえば、部屋着のイメージが強いのではないでしょうか。機能性抜群のフリースをオシャレに着こなしてコーデの幅を広げたらよりオシャレを楽しむことができます。フリースを使ったコーデを年代別に見ていきましょう。

目次

もっとみる

10代のおすすめフリースコーデ

10代は明るいホワイトや独創的なデザインのフリースがおすすめです。

ボアフリースジャケット×ハイウエストチノパン×ローカットスニーカー

ボアフリースジャケットとハイウエストチノパンにローカットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

ボアフリースジャケットとチノパンのボリューム感を黒の斜めがけバッグが引き締めに使われています。

ボアフリースジャケット×プリーツワンピース×ボアマフラー

ボアフリースジャケットとプリーツワンピースにボアマフラーを履いた女性出典: WEAR

スヌードとボアフリースジャケットのモコモコした印象に黒のワンピースがアクセントになっています。

フリースプルオーバー×ワイドパンツ×ローカットスニーカー

フリースプルオーバーとワイドパンツにローカットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

赤いボタンにロゴが入ったかわいいデザインのフリースポルオーバーをワイドパンツでカジュアルに着こなしています。

ハーフジップボアフリース×タートルネックカットソー×スウェットトラックパンツ

ハーフジップボアフリースとタートルネックカットソーにスウェットトラックパンツを履いた女性出典: WEAR

タートルネックとパンツの色を合わせることでフリースのかわいい色味が際立ちます。

メンズフリースジャケット×ハーフパンツ×テープサンダル

メンズフリースジャケットとハーフパンツにテープサンダルを履いた女性出典: WEAR

ベージュに色を統一して、上半身にボリュームをもってくることで脚長効果も期待できるコーデです。

20代のおすすめフリースコーデ

10代よりも大人っぽく見せるためにオフホワイトやブラウンなどの色味がおすすめです。

フリースジャケット×オーバーサイズロングTシャツ×スキニージーンズ

フリースジャケットとオーバーサイズロングTシャツにスキニージーンズを履いた女性出典: WEAR

モノトーンコーデにブラウンのフリースを合わせることで大人っぽい印象になります。

ハーフジップフリースブルゾン×フレアーワンピース×フラットパンプス

ハーフジップフリースブルゾンとフレアーワンピースにフラットパンプスを履いた女性出典: WEAR

ボリュームのあるフリースブルゾンにロングスカートを合わせて足ものとフラットパンプスにすることでバンランスの取れたコーデになります。

ボアフリースフルジップカーディガン×フリースカーディガン×レースアップシューズ

ボアフリースフルジップカーディガンとフリースカーディガンにレースアップシューズを履いた女性出典: WEAR

全体をモノトーンでまとめながら、ベレー帽やタイトなスカートで女性らしさを出しています。

ハーフジップフリース×ツータックストレートパンツ×ローカットスニーカー

ハーフジップフリースとツータックストレートパンツにローカットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

ハーフジップのフリースとスラックスをシンプルにまとめてスニーカーを履くことでカジュアルなコーデになります。

フリーススウェット×サイドスリットタンクトップ×スキニーパンツ

フリーススウェットとサイドスリットタンクトップにスキニーパンツを履いた女性出典: WEAR

ロゴの入ったフリースはパンツと色味を合わせて間から白の色味を見せることでおしゃれに見えます。

30代のおすすめフリースコーデ

カジュアルに着こなしすぎると子どもっぽく見えてしまう30代は大人のアイテムを追加します。

フリースノーカラージャケット×ニットトップス×ハイライズカットオフデニムバギーパンツ

フリースノーカラージャケットとニットトップスにハイライズカットオフデニムバギーパンツを履いた女性出典: WEAR

シンプルな色味でのコーデですがフリースジャケットの丈を長めにすることで大人っぽいイメージになります。

フリースコーディガン×ボートネックセーター×タイトスカート

フリースコーディガンとボートネックセーターにタイトスカートを履いた女性出典: WEAR

ニットとタイトスカートのお仕事コーデにフリースをコートのように羽織ることでおしゃれなコーデになります。

フリースプルオーバー×ロングシャツワンピース×モッズコート

フリースプルオーバーとロングシャツワンピースにモッズコートを履いた女性出典: WEAR

フリースをアウターにするのではなくトップスとして使うことで、中から覗くブラウンのフリースがアクセントになります。

フリースプルオーバー×スキニーデニム×CPOジャケット

フリースプルオーバーとスキニーデニムにCPOジャケットを履いた女性出典: WEAR

中はフリースとスキニーでカジュアルですが、ジャケットを着ることで大人コーデになります。

フリースジャケット×スキニーパンツ×ローカットスニーカー

フリースジャケットとスキニーパンツにローカットスニーカーを履いた女性出典: WEAR

フリースのジャケットを主役にシンプルにまとめたカジュアルコーデです。

40代のおすすめフリースコーデ

40代のフリースコーデは丈が長めのものや薄めのものを選ぶことで大人の印象になります。

フリースコート×コットンワンピース×ストライプパンツ

フリースコートとコットンワンピースにストライプパンツを履いた女性出典: WEAR

ワンピースと同じ丈ぐらいのフリースコートにすることですっきりとした印象のコーデになります。

ボアフリースノーカラーコート×リブタートルニットプルオーバー×サイドゴアショートブーツ

ボアフリースノーカラーコートとリブタートルニットプルオーバーにサイドゴアショートブーツを履いた女性出典: WEAR

タートルニットとブートのきっちりしたものにボアのフリースコートを合わせてボリューム感を出します。

フリースジャケット×レザーライクラップスカート×ウールマフラー

フリースジャケットとレザーライクラップスカートにウールマフラーを履いた女性出典: WEAR

マフラーとフリースで上半身にボリュームがある時はタイト目のスカートでスッキリした印象になります。

フリースジップアップジャケット×ストレートデニム×ニット帽

フリースジップアップジャケットとストレートデニムにニット帽を履いた女性出典: WEAR

ニット帽とフリースのモコモコした素材でまとめた時はカジュアルなスニーカーとデニムでバランスを取ります。

マイクロフリースショートパーカー×ワイドシャツ×プリーツマキシスカート

マイクロフリースショートパーカーとワイドシャツにプリーツマキシスカートを履いた女性出典: WEAR

フリースパーカーの時はワイシャツを下から出すことで大人っぽい着こなしになります。

まとめ

今まで部屋着として着られていたフリースは、形や色を増やして進化しています。若者コーデには明るいホワイトやブラウンの丈が短く、ボリュームのあるものが好まれます。大人コーデにする時は、暗めの色でコートぐらいの長さのサラッと着ることのできるものがよく使われます。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事