こんなはずじゃなかった…!夏にやりがちな失敗コーデ4選

[記事公開日]2020.7.06

ファッションが楽しくなる夏♪ですが、油断していると「うわっ、今日のコーデ失敗した!」なんてことも。今回は、夏にやりがちな失敗コーデを4つ紹介します。

下着が透けるほど薄手の服

下着の色や形がはっきりわかるほどの薄手の服は、品がないので×です。ただ、白Tシャツや薄手の服はどうしても下着が透けやすいですよね。そんなときは、肌の色に近いベージュ寄りの下着を選べば、透けを防げます。最近では透け感のあるトップスやシャツが人気ですが、インナーは見えてもいいタンクトップなどをチョイスすると◎いやらしさのない、こなれ感のあるコーデを作り上げることができます♪

グレー系のトップス

グレー系のトップスは汗ジミが目立ちやすいので、汗っかきの人にはあまりおすすめできません。汗ジミが気になる人は、黒・ネイビー・白を選ぶといいでしょう◎この3色は汗ジミの元の色と似ているため、汗ジミが目立ちにくいからです。どうしてもグレー系のトップスを着たい人は、「ノースリーブの服を選ぶ」「上からシャツなどを羽織る(汗ジミを隠す)」といった対策をとるのがおすすめです♪

ガーリー&ふわふわのコーデ

10代なら問題ないかもしれませんが、大人女子が「ガーリー&ふわふわ」感の強いコーデを着こなすにはハードルが高いのであまりおすすめできません。年相応でない大きすぎるリボンやレースは若作り感が出てしまい、一歩間違えると「ダサい…」と思われることも。でも、女性なら”可愛らしさ”が欲しくなる場合もありますよね。そんなときは、全体が落ち着いた色味(ブラック、ネイビーなど)のアイテムを選べば、失敗しにくいでしょう。

露出が多い

露出が増える夏ですが、超ミニスカートや体のラインが出過ぎるコーデは下品に見られる場合があるので、避けておいた方が無難です。ただ、程よい露出は女性らしさを演出する効果があります。たとえばオフショルダーのトップスや、膝下スカートのスリットでチラ見せするぐらいであれば、いやらしくないのでおすすめです。

お出かけ前には鏡でコーデをチェックしよう


いかかがでしたか?誰でも失敗コーデは避けたいものですよね。同じ過ちをしないためには、外出前に鏡で全身のコーデをチェックするといいですよ♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事