「男性と会えるのに彼氏ができない…」1回で捨てられる女と愛される女の違いは?

[記事公開日]2020.7.03

「男性と会う機会はあるのに、なかなか彼氏ができないのは何でだろう…」と思っていませんか?そんな人のために、今回は「捨てられる女」と「愛される女」の違いを解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「捨てられる女」の特徴①束縛が激しい

捨てられる女の特徴の1つとして、「束縛が激しい」というのがあります。なんでもかんでも束縛する女性は、男性からすると「重い…」と引かれがち。束縛なんてしてません!という人がいるかもしれませんが、普段から「今どこにいるの?」「何してるの?」「飲み会って、誰と行ってるの?」というように質問攻めにしていませんか?あまりしつこくすると、男性は「俺って信用されてないの?」と感じ、付き合うことに疲れてしまうことも。良好な関係を築くには、束縛しすぎない&程よい距離感を保つのがカギです。

「捨てられる女」の特徴②相手に何でも合わせる

「あなたのためなら、何でもするからね」と、いつも相手の機嫌をうかがう女性も男性からはあまり好まれません。「彼のことが好きだから…」という気持ちがそうさせているのだと思いますが、すべてを相手に合わせていると相手に「この子って、俺の都合のいいように動くな」と思われる恐れも…。いつも彼に流されてばかりかも…と感じている女性は、何でも彼に合わせるのではなく、自分の意見をしっかり持って相手に伝えるようにしましょう。

「愛される女」の特徴①芯がある&自分をしっかり持っている

先程、流されやすい女性は男性に捨てられやすい…とお伝えしました。一方、「芯がある、しっかり自分の意見を持っている」女性は、男性に愛されやすいです。信念を持っている人が好かれやすいように、しっかり自分の意思を伝える&物事を冷静に捉える女性は、男性も興味を持ってくれます。ただし、自分の意見を一方的に押し付けるのは×です。自分の意見を伝えつつ、相手の気持ちや感情も汲み取ることが重要です。

「愛される女」の特徴②感謝の気持ちを伝える

2つ目は、「感謝の気持ちをちゃんと伝える女性」です。食事を奢ってもらったときに「ありがとう」と毎回伝えたり、些細なことでお礼をしてくれる女性は男性に好印象を持たれます。女性も、男性に「ありがとう」と言われると嬉しいですよね♪男性はそういった礼儀や気遣いができる女性に、グッとくるものなのです。

男性に捨てられない「愛される女」を目指そう♡

今回は、捨てられる女と愛される女の違いを解説しました。愛される女になるには、内側から自身をブラッシュアップすることが必要です◎脱「捨てられる女」!を目指しましょうね♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事