なんか冷めちゃったな~…男性が別れを考えたときに送る「破局直前LINE」4選

[記事公開日]2020.6.23

「なんだか、最近の彼、そっけない」と心配になることはありませんか。 今回は、男性が別れを考えはじめいているときに、思わず送ってしまうLINEを集めてみました。ご自身にも、それらしき内容のLINEがきていないか、思い浮かべながら、みていきましょう!

「今、大きな仕事まかされてて…」

仕事終わりなどに、食事やデートのお誘いがすっかりなくなり、心配になることありますよね。断る理由として、「仕事」を出してくる場合は、破局を匂わせている可能性大です。さすがに、仕事を理由にされては、彼女側も理解せざるを得ません。ここで、わがままを通してしまえば、破局への道は加速する一方になることは、間違いないでしょう。

「週末のどっかで親戚の集まりあるから、予定決められない」

ならば、週末にデートの日をおさえようと、予定を聞いてみても、「フワッ」としたあいまいな約束(しかも、親族がらみの重要なもの)を出され、前向きな会話に発展させない場合は注意が必要です。本来、円満なおつきあいができていたら、こんなあいまいな断り方はしませんよね。

「趣味をする時間とお金がもっと欲しいんだけど」

わかりやすく、彼女よりも、自分の趣味趣向に投資したい、という気持ちをいわれてしまうこともあるかもしれません。ここで、「わたしと趣味どっちが大事なの!」なんて、ケンカ腰の常套句をだしてしまえば、近いうちに別れをきりだされてしまうかもしれませんね。

「ごめん。ねてた」

朝にLINEを送っても、一切既読されず、リアクションゼロ。返信がいつまでたってもこずに、モヤモヤすることありますよね。結局1日過ぎて、約束もできず、夜になってこの一文がくることが頻繁なら、別れたいサインなのかも。

時間に身を任せてしまおう

男性からの破局寸前と思えるLINEをご紹介しました。こんなときに、彼を責め立てることは逆効果。もしも、彼が別れを匂わせてきたら、時間に身を任せ、あえてそっとしてあげることも、大切なのかもしれませんね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事