デニムコーデをする女性

【雨で足元注意報!】雨の日に活躍する優秀ボトムス

[記事公開日]2020.6.22

「油断してたら、パンツやスカートの裾が濡れちゃった…」一度は、経験したことがありますよね。そこで今回は、雨の日に活躍してくれる優秀ボトムスを提案!雨の日も快適に過ごせる、パンツやスカートをチェックしていきましょう。

黒パンツは雨の日の強い味方

スキニーパンツコーデをする女性出典: WEAR

汚れが目立ちにくい黒パンツは、雨の日に使える優秀なボトムス!水シミや泥ハネ防止のために、くるぶしが見えるアンクル丈を選ぶのがおすすめです。体にピタッとフィットするスキニーパンツなら、「傘をさしていたのに濡れちゃった…」そんな心配もいらないので、雨の日も快適に過ごすことができますよ。

ミモレ丈で裾濡れ防止!

スカートコーデをする女性出典: WEAR

ロング丈やマキシ丈など裾が長いスカートは、どんなに気を付けていてもやっぱり濡れちゃう…。雨の日のスカートコーデは、ミモレ丈をチョイスするのが賢い!スリムなシルエットのタイトスカートならさらに◎スリット入りを選ぶと、足捌きも楽なのでおすすめです。黒のタイトスカートなら、脚長効果や華奢見え効果も期待できますよ。

やっぱりデニムは頼れる!

デニムスカートコーデをする女性出典: WEAR

気軽に履けてお手入れも楽なデニムスカートも、雨の日に活躍してくれるボトムスです。汚れが目立つホワイトデニムや、雨に濡れたときの水シミが気になるライトブルーは、避けた方がベター。濃いインディゴブルーを選ぶのをおすすめします。足元は濡れたり汚れたりしても、さっと洗えるスポサンで雨の日も足取り軽く♪

ベイカーパンツでカジュアルコーデをアップデート

パンツコーデをする女性出典: WEAR

雨の日コーデがマンネリ化してきたら、ベイカーパンツを取り入れてみて。スッキリとしたシルエットなのに肉感を拾わないベイカーパンツは、タイトめのパンツが苦手な人にもおすすめです。トレンドのワイドパンツは雨の日には不向きなので、ベイカーパンツでいつもと違ったおしゃれを楽しみましょう。

ボトムス選びで雨の日の足元問題解決!

デニムコーデをする女性出典: WEAR

雨の日の足元問題は、短めの丈のボトムスを選ぶことで解決できます。シルエットがタイトなボトムスを選ぶのもポイント。足元が濡れて不快な気分にならないように、雨の日に活躍する優秀なボトムスを、ぜひコーデに取り入れてくださいね。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事