2020年夏のおすすめシャツコーデ20選 | 定番からトレンドまでカラー別に紹介

[記事公開日]2020.6.18

シャツはそのまま着たりレイヤードとして使用したりといろいろな使い方ができるので、1枚あるだけで幅広いコーデに使える万能アイテムです。この記事では、夏に取り入れたいシャツのコーディネートを色別に紹介します。

目次

もっとみる

夏のおすすめ白シャツコーデ

爽やかな白シャツを夏コーデに取り入れる際には、合わせるインナーとの相性をチェックするのがおすすめ。白は透けやすいので、それをふまえた上でインナーを選びましょう。

白チュニックシャツ×ランダムプリーツパンツ×トングサンダル

白チュニックシャツとランダムプリーツパンツにトングサンダルを履いた女性出典: WEAR

白シャツに合わせた明るいトーンでまとめたコーディネート。ブラウンのバッグを差し色として使うことで、コーデ全体を引き締めています。

白サテンジャガードシャツ×サマーニットトップス×スケーターパンツ

白サテンジャガードシャツとサマーニットトップスにスケーターパンツを履いた女性出典: WEAR

白は白でもくすみが感じられる白シャツを選べば、かっちりしがちなシャツコーデに柔らかさをプラスできます。シャツの色調に合ったアイテムを合わせているのもポイント。

白ドルマンスリーブシャツ×ギャザーロングスカート×ゴールドミュールサンダル

白ドルマンスリーブシャツとギャザーロングスカートにゴールドミュールサンダルを履いた女性出典: WEAR

爽やかな印象の強い白のシャツは、夏にもぴったりの定番アイテムです。ロングスカートの裾が風になびけば、夏の暑さも忘れてしまうような爽やかさが漂います。

白シアービッグシャツ×スラックスパンツ×ベージュフラットシューズ

白シアービッグシャツとスラックスパンツにベージュフラットシューズを履いた女性出典: WEAR

トレンドのゆるっとした白シャツなら、リラックス感あふれるコーデが作れます。センタープレスのパンツと合わせることで、適度なかっちり感をプラスしています。

白スキッパーシャツ×ワイドコクーンパンツ×スポーツサンダル

白スキッパーシャツとワイドコクーンパンツにスポーツサンダルを履いた女性出典: WEAR

オーバーサイズのシャツにさらにワイドなパンツを合わせれば、トレンドのゆったり感あふれるコーデのできあがり。ローヒールのサンダルがリラックスムードを高めます。

夏のおすすめ黒シャツコーデ

夏のファッションに黒シャツを使う時には、その素材に注目しましょう。黒はどうしても暑苦しい印象になりがちなので、夏らしい爽やかな素材を選ぶことが大切です。

黒バンドカラーシアーシャツ×フロントボタンリブタンクトップ×ベージュロングスカート

黒バンドカラーシアーシャツとフロントボタンリブタンクトップにベージュロングスカートを履いた女性出典: WEAR

黒のシャツでも透け感があるものを選べば、夏らしい着こなしが可能です。袖をロールアップして適度に肌を見せるのも、抜け感が出るのでおすすめです。

黒リネンシャツ×カットオフデニムパンツ×スエードフラットパンプス

黒リネンシャツとカットオフデニムパンツにスエードフラットパンプスを履いた女性出典: WEAR

デニムと合わせることでメンズライクなコーデが楽しめるのも、シャツの大きな魅力のひとつ。風合いのあるリネンの黒シャツを使うことで、柔らかさをプラスしています。

黒デザインシャツ×カットソースカート×白スニーカー

黒デザインシャツとカットソースカートに白スニーカーを履いた女性出典: WEAR

印象的なデザインのシャツをコーデに取り入れる時には、その他のアイテムを極力シンプルにまとめると、主役であるシャツがより引き立ちます。

黒半袖開襟シャツ×テントワンピース×ベルテッドサンダル

黒半袖開襟シャツとテントワンピースにベルテッドサンダルを履いた女性出典: WEAR

面積が大きくなってしまうワンピースの上に半袖のシャツを羽織って、重苦しさを感じることのないコーデに仕上げています。

黒オーガンジーシャツ×ワイドイージーパンツ×ストラップサンダル

黒オーガンジーシャツとワイドイージーパンツにストラップサンダルを履いた女性出典: WEAR

あえて夏にブラックコーデをするというのもおしゃれなものです。華奢な印象のサンダルや袖をロールアップするなどして、コーデに抜けを作ることも忘れずに行いましょう。

夏のおすすめカーキシャツコーデ

カーキといってもその色味やトーンはバラバラです。カーキシャツを夏コーデに加える時には、カーキの色味やトーンに調和するアイテムを合わせてあげるのが大切です。

カーキシアーシャツ×メッシュニットベスト×サテンテーパードパンツ

カーキシアーシャツとメッシュニットベストにサテンテーパードパンツを履いた女性出典: WEAR

シャツのカーキとパンツのシャンパンカラーが絶妙にマッチしたコーデです。この2色だけだとぼんやりしてしまうところを、黒のインナーでしっかりと引き締めています。

カーキバルーンスリーブシアーシャツ×ジャガードスラックスパンツ×クロスデザインサンダル

カーキバルーンスリーブシアーシャツとジャガードスラックスパンツにクロスデザインサンダルを履いた女性出典: WEAR

袖のデザインが印象的なシャツは、シンプルなものを合わせることでより引き立ちます。全体がゆるくなりすぎないよう、センタープレスのパンツでかっちり感をプラス。

カーキノーカラーシャツ×ワッシャースカート×キャスケット

カーキノーカラーシャツとワッシャースカートにキャスケットをかぶった女性出典: WEAR

全体を柔らかなトーンでまとめたカーキシャツコーデです。茶色に近いカーキのアイテムは、リネン素材などを選ぶと涼しげなコーディネートができます。

カーキオープンカラーシャツ×ワイドワッフルパンツ×ブラウントングサンダル

カーキオープンカラーシャツとワイドワッフルパンツにブラウントングサンダルを履いた女性出典: WEAR

トレンドのゆるっとしたシルエットが、リラックス感あふれる雰囲気を演出しています。淡い色調にのパンツと合わせたカーキのシャツは全体を引き締めてくれます。

カーキサファリシャツ×サイドスリットワイドパンツ×サークルバッグ

カーキサファリシャツとサイドスリットワイドパンツにサークルバッグをもった女性出典: WEAR

コーデの主役になりやすいカーキのシャツを使用して、黒のパンツと合わせることで上品な大人のカジュアルスタイルに仕上げています。夏らしい、サークルバッグもおしゃれです。

夏のおすすめ茶色シャツコーデ

実は茶色も色調やトーンにバリエーションがあるカラーです。その茶色のシャツに合う色味やトーンのアイテムと合わせてあげることで、コーデ全体にまとまりが生まれます。

茶色バルーンスリーブシアーシャツ×リブタンクトップ×白フレアパンツ

茶色バルーンスリーブシアーシャツとリブタンクトップに白フレアパンツを履いた女性出典: WEAR

白と茶系の色のみでまとめたコーディネートです。全体を淡い色調で統一しながらも、しっかり調和の取れたカラーのタンクトップでコーデの印象を引き締めています。

茶色スタンドカラーシアーシャツ×ワイドリブニットタンクトップ×テーパードサテンパンツ

茶色スタンドカラーシアーシャツとワイドリブニットタンクトップにテーパードサテンパンツを履いた女性出典: WEAR

柔らかな色味に加えて透け感もあるブラウンシャツは、夏コーデにもぴったりです。フロント部分を片方だけインすることで、こなれ感を演出しています。

茶色オープンカラーシャツ×スクエアネックニットタンクトップ×ハイウエストタックパンツ

茶色オープンカラーシャツとスクエアネックニットタンクトップにハイウエストタックパンツを履いた女性出典: WEAR

淡い色味のブラウンやベージュを上手に組み合わせた、ちょっと難易度高めのシャツコーデ。色の濃淡や素材の違いによって、コーディネートにメリハリを作っています。

茶色ワイドシャツ×センタープレスパンツ×白トングサンダル

茶色ワイドシャツとセンタープレスパンツに白トングサンダルを履いた女性出典: WEAR

ちょっと濃い目の茶色でもリネンなど夏らしい素材を選べば、涼しげな印象のコーディネートが作れます。かごバッグやサンダルでさらに夏らしい雰囲気をプラス。

茶色シアーCPOシャツ×白リブタンクトップ×ハイウエストラップスカート

茶色シアーCPOシャツと白リブタンクトップにハイウエストラップスカートを履いた女性出典: WEAR

シアーなブラウンシャツは夏の羽織ものとしても重宝します。とくにベージュメインのコーデとの相性がよく、ぼんやりしがちなコーデを引き締めるアイテムとして活用できます。

まとめ

夏に頼りになるシャツは色だけでなく、素材やサイズ感の違いによってその表情が異なります。まずはあなたのワードローブに合う色のシャツを1枚ゲットして、夏の着まわしをよりバリエーション豊かにしてみてはいかがでしょうか。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事